2008/10/18

種子島調査,サンゴ,ツクシホウズキ,ヒナイワズタ  調査
今週は報告書や申請書書きの合間に種子島で生育調査をしました(県,漁協に連絡の上で実施しています)。

クリックすると元のサイズで表示します

私が定期的に訪れている安納ですが,場所によってサンゴがすごいですね。
http://diary.jp.aol.com/applet/seaweedresearch/20080818/archive
8月にも似たことを書いていますが,鹿大に赴任した7年前にあったか記憶が定かでありません。こんなことならモニタリングしておけばよかったと後悔しきりです(これからでも遅くない?)。

ターゲットの海藻のことはあまり書けないので,他に見られた海藻を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
ツクシホウズキ
潮間帯中部に生えています。深いところに視線を限定すると見つけられません。
海藻の採集スタイルには地域差があり,胴長を多用する地域と最初からダイビングありきの場所があります(もちろん両方使用するところが殆どですが)。鹿児島は潜らないと話にならないので,ついつい潮間帯の海藻は見落としがちです。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒナイワズタ
高さ1cm前後の小さな種で,他のイワズタ類に絡まって生育しています。似た名前にヒメイワズタがありますのでよく混同されますが,形態は全く異なります。
1

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ