2007/6/12

長島北部のアントクメ  調査

クリックすると元のサイズで表示します
アントクメの調査で,鹿児島県北部の長島に行きました。九州南部で最大のアントクメ群落です。畳一枚ほどのアントクメが見渡す限り密生しています。アントクメの異名にされている,茎の長いamakusaenseタイプが目立ちます。遠藤吉三郎以降に誰も再検討していないテーマですので,近い将来取り組んでみたいですね。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ