2007/7/22

「トミカ・プラレールビデオ2007」ゲット!  販促品

昨日から『トミカ・プラレールビデオ2007』の配布がほぼ始まったようで
うちもヨドバシAKIBAでゲットしてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
待ちこがれたこのDVD、ちなみに大方の予想通り
3,000円以上の購入でプレゼントとの事でした。
うちでは去年買っていないので詳しくはわかりませんが
例年通りといった感じなんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
裏面はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
中を開けるとこんな感じ。
特にこれといって説明書もなくシンプルな中面です。

早速DVDプレイヤーにセット。
そして気になる内容は…
(以下はネタバレのため要注意です。)

早速出て来たのはT君という男の子とライちゃんという女の子。
2006年の内容は店頭で見ましたが、今年も去年と同じコンビのようです。

早速プラレールの紹介からスタート。
ジオラマのトミカ・プラレールタウンの映像が次々と映し出されていきます。

今年発売された商品がメインのようですが、
500系や300系新幹線も走っています。
そして最初は昨年発売の
E4MAX車両基地レールセットの紹介。

次にライト付き700系新幹線が登場。
夕焼けっぽく撮影されたジオラマで
ライトが光っていてカッコイイ〜♪
併せて実車の映像も流れます。
うちの息子君は700系新幹線が大好きなので大興奮することでしょう。

続いて300系&500系が実車の走行シーン付きで紹介されます。

そしてライト付き700系ひかりレールスターの登場。
またもや実車が登場した後お約束の夕焼け走行が。
これまたカッコイイですね。
うちのは光りませんが、リニューアルして
より実車に近くなった感じですね。

今度は先月発売されたばかりのE1系MAX朱鷺。
そしてレッドサンダーふみきりセットの紹介。
レッドサンダーは実車の走行シーンも登場です。

さらに同じ6月発売チームからは
E233系中央線が登場。もちろん実車の走行シーンも。
広くて快適な通勤電車との事ですが
一度しか乗ってないので違いがよくわかりません(笑)

舞台は変わって路面電車へ。
都電荒川線の紹介。
他にも長崎電機軌道3000形や広島電鉄5100形グリーンムーバマックスも登場。
グリーンムーバはカワイイ。
レールマップも一通り紹介したところで第一部が終了し、トミカへ切り替わり。
残念ながらトミカには興味が無いのですっ飛ばし。

さて再びプラレールに戻って来ました。
第二部はプラレールのレイアウト講座からスタート。
プラレールの簡単さをアピールし、
色々な情景部品をならべていく笑顔の少年。
とその時、見た事のあまりない商品を発見。
これはホリカワの新商品紹介で見たプラキッズサウンド踏切セットでは・・・?

そんなこんなで第二部が終了し、またまたトミカへ。
例によって例のごとくトミカはスキップ。
トミカファンの方ごめんなさい!

第三部はnews仕立て。
鉄道博物館をCGによって紹介したり
N700系を紹介したりしています。
中でもN700系のトレインシミュレーターが
制作されていたのは驚きました。

他にもJRの職員さん達がプラレールで遊んで・・・ではなく
プラレールを使って事故を想定した動きを勉強している様子が
映し出されていました。
プラレールは電車の安全にも一役買っているようです。

最後はプラレール運転士新幹線で行こうの紹介。
これはテレビにつないで遊ぶものですが
最新のN700系ドクターイエローが運転できるあたり
心を揺さぶられるものがありますね。
ちゃんとクリアすると走行シーンなどのおまけが見れるようです。



そして怒濤のラッシュ第四部がスタート。
予想通り自動のりかえ駅とドクターイエローセットが紹介されます。
実車や内部の映像も登場。
ドクターイエローのファンにはたまりませんね。
プラレールの紹介法はというと、駅を2個つなげたり
2段に重ねています。
さすがに2個買う人は結構コアな人だけだと思います。

カメラワークによりいつしか写されたのは大きなドームステーション。
7段の高さにクリアードームが増設されています。
いくらかかるんだこのドーム(笑)

またまた簡単さをアピールし、次々とクリアドーム四角を積み上げて行きますが
多分簡単じゃないのは積み上げ方より値段の方だと思いますよ、タカラトミーさん。

ここでプラレールの紹介が終了。
例によって例のごとくあの歌が流れて来ます。
『トミカトミカプラレール♪』
嫁さんが聴いたら怒りそうな歌詞の内容とメロディです。

この後はCMを挟んで
トーマスワールドの紹介が始まります。

新しい仲間や7月の目玉商品「トーマスのどきどきマウンテンセット」や新商品の『パーシーとどきどき貨車セット』が紹介されていました。

この後にプラレールのCMが入って終了。
内容は50分ですがCMを飛ばせば結構早いかもしれません。

それでもN700系の走行シーンやシミュレーターなど
楽しい映像が盛りだくさんなので
おまけとして付いてくるには立派な内容だと思いました。
興味がある人は一度見てみたらいかがでしょうか?
52
タグ: プラレール




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ