軍艦武蔵の航跡 I.J.N. Battleship Musashi

 

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のトラックバック

 

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shin1966
試行錯誤したのですが筆で塗ってるだけになってしまいました。現代の潜水艦のスクリューにはキャピテーションノイズを防止するために似たような模様が付いていますが、当時のスクリューの研磨痕も何かしらの目的があったのではないかと思います。
武蔵の給口には真鍮線を丸めたものを使っています。

重複分は削除しておきます。
投稿者:大和魂
不手際で失礼いました。ダブルで入力のようです。恐れ入りますが・・・。
追伸。“バラスト給口”作ってみました。shinさんにだけ・・・楕円のリングは錨用の鎖を使用しています。
投稿者:大和魂
カキコミ有り難う御座いました。これは見事な再現でね。以前TV番組で大型タンカーのプロペラの製作ドキュメントを見た記憶があります。径は何メートルだったか覚えては居ませんがオソラク5メーター近くだったかと。
やはりこのフライス模様が附いていましたが・・・・何と仕上げは特別なサンダーでハンドメイクでした。職人技です。
指先でなぞりながらフィンの厚みを調整しバランスを見ての作業でした。
多分?大和時代はもっと古風なサンダーで同じ様に手作業だったのではないでしょうか・・・。
勿論最初はフライス仕上でしょうけどネ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ