2011/6/18  7:38

雨漏り修理:ヨットのサイドグラス  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します

この梅雨シーズンに船のキャビンにいますと、雨漏りを目の当たりにします。どこから漏れて
来るのか、特定できるメリットがあります。と格好いいこと言っても、暇をもてあまして、
雨漏りとにらめっこしているだけなのですけど(苦笑)。

雨漏り箇所、そこはよくありますサイドグラスでした。この船のサイドグラス、きっとアクリル板
だと思いますが、トップまで続いています。ひび割れはありませんので、間違いなく船体FRPと
このアクリル板の間、またはネジ穴から浸みてきています。

FRPとアクリル板、材質の違うものが接着剤で貼り付けされネジ止め、そして間にシリコンが
敷かれています。海上係留で船はきしみ、ゆがみ、また紫外線でシリコンは硬直しそこに亀裂が
入るそうです。(これは建築家の船長から教わりました。)

そこで、マリーナのレストランで作戦会議。というか、建築家の船長からシリコンの剥がし方から
注入、その量と仕上げを講義頂きました。ポイントは2つ。

1.シリコンを剥がした後サンドペーパーをかけること。これは新しいシリコンを付着させる為。
2.新しいシリコンは船体とサイドグラスの間が水平になるまで注入しない、少しへこむ位に。
いっぱいにするとシリコンが盛り上がり、逆に間に隙間が生まれるのだそうです。ふむふむ。
一級建築士の言うことは違います。

ということで、先々週3人がかかりで、約2時間作業しました。結果は見事にサイドグラスからの
雨漏りは完全になくなりました。一人でやると朝から晩まで、一日作業になりますね。こういう
作業は仲間とやったほうがいいかもしれません。根気も必要ですから。


ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2011/6/20  21:27

投稿者:俊介

まさゆきさん
ピンポイントにバケツを置かれるまで、把握されているん
ですね。さすがです。
波でバケツが揺れて、ピンポイントを外さなければいいで
すね。


http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  22:16

投稿者:まさゆき

ご指摘の通り 明日は雨の予報なんで左舷側セティーに消火用のバケツを置いて来ました(笑)

ピンポイントの雨漏りなんで 水滴はバケツの真ん中に落ちる・・筈です(笑)

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/

2011/6/19  13:02

投稿者:俊介

サムシング田中さん

いつもコメントありがとうございます。
うちはプライマーは塗っていませんが、シリコンをはが
して、またシリコンを入れています。おっしゃる通り、
シリコンが完璧にはとれませんので、シリコンを入れる
という修理です。

うちの船長いわく、いつまでもつことやら、とか(汗)
。紫外線や海上係留によるきしみで、いちど大がかりに
修理しても、劣化は当たり前で、またシリコンでメンテ
することを前提にしています。車と違って水置きの船、
しかも船齢24年、雨漏りには向き合って、気長に対処
していく心づもりが大切みたいです。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  12:51

投稿者:俊介

まーすけさん
コメントありがとうございます。
一人ですと、ちょこちょこ飲んじゃって、なかなか作業
が進みませんよね(笑)。
仲間とえいやーとやれば、以外に作業が進みますね。
その後の宴会のお酒もまた格別です。

木造ドラゴンのマスト建て、お疲れ様でした。どんな走
りするか、楽しみですね。東日本選手権、がんばってく
ださいね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  12:48

投稿者:俊介

まさゆきさん
コメントありがとうございます。
雨漏りがありますか。特定するのに苦労しますよね。
もうひと方いらっしゃいましたら、バケツに海水をくみ
流してもらって、まさゆきさんがキャビンで水漏れをワ
ッチすると見つかるかもしれないでしょうけど。
まさゆきさんは週に何度も乗船されますので、濡れたて
いるところにタオル、ひどい時は鍋をおかれてもいいの
ではないでしょうか。
うちの場合、雨漏りを修理する前は、鍋やコップをあち
こち置いていました(笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  12:42

投稿者:俊介

マハロパパさん
コメントありがとうございます。、
シリコン(黒)を専用のシリコンガンで注入しました時
は、マスキングテープをサイドグラスと船体側に貼りめ
ぐらしました。おかげで、船体に黒のシリコンは付着す
ることなく綺麗に仕上げることができました。一人でや
るとここまできっちりできないかもしれません(汗)が
、みんなで施工しますと、お話ししながらやれて、楽し
いもんですね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  12:34

投稿者:俊介

らいふB3さん、
コメントありがとうございます。ヨットのメンテをして
いますと、自然に愛着が湧いてきます。また、自信がつ
くというか、安心できます。ポインシアナの船内機エン
ジンルームの下はいつも綺麗に吹き上げて、油漏れ他、
異常がわかる様にしています。それに油臭さもおさえら
れて、一石二鳥です(笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/6/19  6:39

投稿者:サムシング田中

この手の窓の雨漏りはやっかいですね。

コーキングには、いろいろな種類がありますが、接着剤ではないのでプライマーが
必要になりますね。下地を荒らすことで、その役目が果たせるのでしょうね。
荒らしたシリコンコーキングの上にプライマーを塗ってはダメかな?。

変成シリコン、シリコン、ポリサルファイド系、ウレタン、アクリル、油性…と
いろいろなコーキングがありますが、もう一度コーキングをする場合、
下地がシリコンだとシリコンしか使えません。



http://www.the-support.net/something/

2011/6/18  23:56

投稿者:まーすけ

メンテナンスも多人数でやると楽しいですよね。
一人だとやたら時間がかかちゃうのは私でけ?

今日は木造ドラゴンのマスト建てを5人でやってましたが、すぐ出来ちゃいました。

2011/6/18  23:17

投稿者:まさゆき

実は・・ウチも若干の雨漏りがあります(泣)が、場所の特定ができなくて困っています。

すき間に黄砂でも詰まれば良いが・・と思ってますが(笑)

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ