2011/7/27  6:30

美しい朝陽、三浦半島浦賀燈明崎から  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

この朝陽、マリーナヴェラシスから歩いて10分位のところから望めます。
ここは燈明崎、徳川幕府が慶安元年(1648年)に燈明堂という灯台をつくられた所です。
浦賀水道を航行する船、房総に昇る朝陽、波音を聞きながら、時の流れに身をまかせます。

クリックすると元のサイズで表示します

燈明堂、この灯台は明治5年(1872年)まで活躍したそうです。ペリーの黒船もきっと
静かに見ていたのでしょうね。浦賀の好きなところは、遠く水道を行き交う船を見られるところ。
心やすらぎます。

クリックすると元のサイズで表示します

場所を補足します。地図の矢印の所が燈明崎です。浦賀湾の対岸北北東に観音崎灯台があります。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2011/8/1  22:22

投稿者:俊介

KOINOBORIさん
ここに何度もお越しでしたか!
今や私の朝の散歩コースです(笑)。

夜はちょっと怖いですよね。行くすがらたくさん墓石み
たいな石がありますし。ですが、肝試しに行きますか(
笑)。みんなで渡れば怖くないかも。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/7/31  18:23

投稿者:KOINOBORI

ここからの眺めは絶景ですよね。何度かカメラを持っていったことがあります。浦賀の花火を燈明堂を絡めて撮って見たいけどお化けが出そうで二の足を踏んでいます(笑)。

2011/7/30  7:25

投稿者:俊介

マハロパパさん
おはようございます。
和風な灯台、珍しいですよね。今は現役じゃないですけ
ど。
浦賀にはあちこち史跡があって、興味深いです。
実はこの灯台あたり、江戸時代、浦賀奉行所の処刑場、
首切り場だったそうです。夜は、肝試しができるかも(
笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/7/30  6:30

投稿者:マハロパパ

和風な灯台。風情があっていいですね。
ペリーの黒船も、ここから偵察されていたのでしょう。

http://mahalo415.blog22.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ