2011/7/31  16:54

水線長の定則(Hull Speed)【ポインシアナマニュアル】  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します


船の仕様を見ようと、ポインシアナマニュアルを開きますと、何やら計算式。
2.44√水線長m kn ∴ 2.44√9.13m = 7.37kn
文系の自分には、気になります。ルート√...?

船長が綴るポインシアナマニュアル、水線長 9.13mとあります。それから、水線長の定則
(Hull Speed)
「船が水を押しのけて走る場合、水線長によって、絶対艇速が決まっていて、これを越えると
造波抵抗が急激に大きくなる。強風のダウンウインドではサーフィングによりハルスピードを
越えていく。プレーニングを性能を持たないモノハル艇の絶対艇速は、2.44√水線長m kn 」

と言うことは、35フィート(10.3m)のポインシアナ号、追っての風では、7.37ノットを超えると
操船が難しくなるということなのかなぁ?週末、船長に聞いてみよう。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2011/8/2  23:11

投稿者:俊介

フエニックスさん
コメントありがとうございます。
計算式、いつも見るのは、足し算、引き算、かけ算、割
り算だけ。何故かこれで仕事は出来てしまいます(笑)


ルート計算、wikipediaで復習しました。久しぶりに違
う脳を使う感じで、頭の体操になりました(笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/8/2  6:00

投稿者:フエニックス

文系の私は見なかったことに
いつもしてます。数式関係w
多分ず〜〜と小さい頃から
見てないと思います。

http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2011/8/1  22:30

投稿者:俊介

ABさん
そうですよね。じゃないとワンデザインレースじゃない
といけませんから。

宮川には21フィートで湘南レース(旧のんびりレース
)で活躍されているヨットがあります。それでもスピー
ドを追求されているんですよね。本当に頭が下がります


http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/8/1  22:27

投稿者:俊介

サムシング田中さん
モスですね(笑)。masukeさんの記事、ご紹介ありがと
うございます。

モノハル艇の限界速度、ヒール角度での水線長、波の具
合で変化するのでしょうが、こういう定則を理解してお
くのも大切なことだと思いました。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/8/1  21:52

投稿者:AB

あえて、もう一度コメントを

水線長の限界とその他を考慮してレースでは
レイティング(ハンディ)が決められてます

でないと長い船が絶対(?)に勝つんです

だから大小の船が混じってレースが楽しめるんですね

2011/8/1  9:39

投稿者:サムシング田中

これ以上、スピードを出したくなったら、水中翼船ですね(笑)。

http://first235.exblog.jp/14000637/



http://www.the-support.net/something/

2011/8/1  5:37

投稿者:俊介

まさゆきさん
やはり限界速度という理解でいいんですね。
水線長の長い船ほど、限界速度が大きくなる、つまり速
くて当たり前ということでしょうか。論理上は。

この限界速度にレーサーは挑むんでしょうね。まさゆき
さんもそこでレーサーの魂が蘇るんですね(笑)。


http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/8/1  5:34

投稿者:俊介

ふーみんさん
コメントありがとうございます。
私も久しぶりに見る、ルート√に目を奪われました。

この船長が作成されましたマニュアルには、ところどこ
ろ、こういう説明があり、理論的で日日常の世界に引き
込まれてしまいます。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/8/1  5:31

投稿者:俊介

ABさん
コメントありがとうございます。
機走での燃費の視点だと、自艇の造る波、抵抗により燃費
が悪くなるんですね。わかりやすいご説明、ありがとうご
ざいます。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2011/7/31  22:12

投稿者:まさゆき

他にも色んな要素がありますが 一応限界速度ですネ。
スピンを展開して後ろからの波を受けたら この限界速度を超えます。

ワクワク・ドキドキ・ハラハラ・・ワ〜オッ(笑)

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ