2014/1/16  22:06

動かぬ手動ビルジポンプ(泣)  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


どうしてこんなにレバーが重たいのでしょう?
コックピットで手動ビルジポンプのお世話にはなりたくありませんが、正常に動かないポンプをほうってはおけません。ついに原因究明に着手しました。
ビルジポンプの口はコックピットにあります。ヨットで良く見かけるホエール製のものです。キャビンのビルジからとハルの排水口からポンプまでホースでつながっています。ポンプはコックピットのストレージの中にあり、このメンテにはストレージの中に入る必要があるのです(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します


ストレージのふたがありますと出入りしづらいので取り外します。ストレージの中、そこそこのスペースがあります。こここそ大人の秘密基地かもしれません(笑)。
ポンプからアウトのホース、ポンプから10センチ程茶色に変色しています。何やら詰まっていそうです。ホースバンドを緩め、ポンプからホースを抜き取りますと…、
あちゃー、茶色の液体がポタリポタリと白いトレーナーに落ちます(泣)。臭いはありません。不幸中の幸いです(苦笑)。気を取り直し、ホースの中を覗きますと、ホースいっぱいに茶色い固形が詰まっています。更に観察しますと、その固形に穴があります。排水口側のホースバンドも外し、ホースを秘密基地から取りだしました。桟橋でつまようじと割り箸でつつきながら、水を流しますと、ひとつの穴は貫通しました。穴は3つあるように見えます。ホースの口径が大きいから小さくするためのものでしょうか…。
茶色い口のホースを桟橋で洗っていますと、
「今日はトイレの排水(をメンテ)?」と、心なしか距離を置いて声をかけられます。「ビルジのホースです。」と返答するも、足早に通り過ぎて行かれました。(泣)
こういう時の相談相手は、自艇のバースから100mもない所にあります岡本造船所の工場長さんです。訪ねて事情を説明しますと、ちょっと見てみましょうと、お越し頂きました。いつもお世話になり、大変有り難いです。
茶色い固形物をドライバーでゴリゴリ、これはコルクみたいですね、と。身軽に秘密基地に入られます。これだけスペースがあるといいですね、と言われながら、ポンプの口を見られ、ドライバーで外されます。そしてそこには同じ素材のものがありました。その先には逆流を塞ぐゴム製の弁がついています。どうしてポンプのアウト口にこんなコルクみたいなものを詰められたのだろうか、アウトの口径は大きいのが道理なのに…。綺麗にとりましょうとコルクみたいな固形物を取り除かれます。それから、ポンプが働くか、アウトの口に手を当て、ポンプのレバーを動かし確認します。レバーは楽に上下出来、ポンプのアウト口からは空気が出て来ました。きっとこの固形物がつまり、アウトが出ないから、レバーが重かったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します


ホース側の固形物もドライバーでゴリゴリつつき貫通させ、清水でホースの中を流します。茶色のホース口は白いビニールテープで巻きき、万が一の漏れに対策。ホース口を変えてポンプ側と排水口にホースバンドで固定、元の位置にタイバンドでくくりつけました。
ビルジから吸い上げるテストはしませんでしたが、きっと大丈夫でしょう。だけど近々試してみたいと思います。臆病者です(苦笑)。

ヨット日本ブログ村のランキングに参加中です。ヨット
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2014/2/2  8:57

投稿者:俊介

フェニックスさん、
このところ春を思わせる日和がありますね。2月1日は、その陽気に誘われてセーリングを楽しみました。出港前は、もやいロープのコケ取り、桟橋に取り付けていますスチルバールの貝取りも(笑)。
来週は一変して寒くなりますね。インフルエンザが流行っていますので気をつけましょう。

2014/2/1  4:41

投稿者:フエニックス

1月も終わりですが
昨年程今年仙台は寒くない気がします。
雪も少なく今シーズンはまだ1回しか
雪避けをしていません。ただ2月上旬が
冬本番になりますから、これからも
要注意ですね。
先のコメント中「電飾→電触 」漢字間違いは
おばかなPCのせいでございますので、あしからず。

http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2014/1/31  18:36

投稿者:俊介

フェニックスさん、
いつもコメントをありがとうございます。
電触、怖いですね。マリーナによって、またはマリーナの中でも電触が進む所とそうでもない所があるようですね。自艇のお隣りさんは、以前電触でサイドステーが切れそうになったそうで、スプレッダーの両端に鉛をつけておられます。ということは、自艇のバースも要注意だと思っています。12月、ペラとエンジン(ヤンマー2GM直接海水冷却)のジンクを交換しました。エンジン2ヶ所のジンクは跡形も無い状態でした。ペラは30%程減っていました。私も毎年ジンクは交換したいと思います。

2014/1/28  5:07

投稿者:フエニックス

電飾は意外な所に及ぶようです。
以前エンジンとシャフトを繋ぐ
ボルトが減って途中で折れたのですが
原因は電飾なようです。亜鉛は残っていても
段々効果がなくなるようで、もったいないようですが
毎年交換がベストなんだそうです。
当方の船も購入以前は3年上架せず
だったそうでした。先日船体の亜鉛盤用エンジン
配線が接続されていないのを発見したりしてました。


http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2014/1/25  7:57

投稿者:俊介

ひろちゃんさん、
おはようございます。
バルブ不良による浸水の危険、事前に察知されて緊急上架、大事にならなくて、良かったですね。岡本造船さんにいろいろ相談に行っていましたので、バルブを交換されているとは聞きましたが、そういう状況だったとは初めて知りました。
海上係留での電触による不具合、なかなか見つけられないので、普段から注意したいと思います。右隣の船は、電触でサイドステーが切れそうになったとオーナーさんから聞きました。自艇のバースの前のオーナーさんは五年頃前から電触がひどくなったとお隣のオーナーさんにお話しされていたとか。
船によって電触の影響が出る所が違うようです。日頃から気をつけてみたいですね。

2014/1/21  8:59

投稿者:ひろちゃん

バルブの続き
排水バルブ不具合、5日修理しようと、「バキ」トイレも同様、緊急で上架して1週間岡本で部品取寄せ4箇所全部交換、スルハルも電飾でしょうか、金属の問題か、場合によっては浸水の危険でした、木栓等はありますが。クルージング中でなく良かった。

2014/1/19  8:52

投稿者:俊介

フェニックスさん、
コメントをありがとうございます。
手動ビルジポンプ、新品に交換されたご経験がおありなのですね。出荷時、ポンプのゴムがつぶれないように口に詰め物があるのでしたら、おそらくそれを詰めたままだったかもしれません。
今回、詰まっていたのを取り除きましたが、ポンプのゴムは確か下に押された状態(潰れた状態)ですので、ゴムの劣化は急に進むように思います(汗)。しばらく状況を観察したいと思います。

2014/1/19  8:44

投稿者:俊介

マハロパパさん、
新しい大きなドイツのヨット、楽しみですね。

セールドライブはシャフト艇とは違い、雨漏り以外はほとんどビルジはたまりませんね。冬のキャビンは加湿器が欲しくなるほどカラカラです(苦笑)。

いざという時、バッテリーが海水に浸かったら、電動は使えませんので、手動がいいように思います。

2014/1/19  8:24

投稿者:俊介

ひろちゃんさん、
アドバイスをありがとうございます。バルブやホースは消耗品だと理解しておいた方がいいですね。特にポンプのゴムは経年劣化は間違いないでしょうから、いざという時のために定期交換ですね。
最近、船の工具に水回り用のプライヤーやドライバーなどが新たに増えました。ヨットの維持作業はいろいろあって、普段の仕事とは全くかけ離れていて、週末はリフレッシュ出来ます(笑)。

2014/1/19  5:16

投稿者:フエニックス

お疲れ様でした
まずは一安心ですね
ビルジポンプひょっとしてですが
出荷時蓋のようにポンプ口を
つぶさないように保護剤を
入れていたような?
当方も2010年に手動ポンプを交換(新品)に
した際中に発泡の白いのが入っていて
ドライバーでほじってだした記憶があるんですが・・


http://blog.goo.ne.jp/oni2134

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ