2007/9/20  22:11

キャビンの湿気は雨漏りのせい?  日記1

先週末キャビンを掃除した時の湿気は異常でした。確かに過去最大級の台風による雨風を受けたので、雨漏りしてもおかしくはないかもしれませんが、実はボートのキャビンはまったく雨漏りはありませんでした。やっぱり異常なのでしょうか?気になるところはふたつのハッチですが、特にコンパニオンハッチと呼ばれる、ちょうどクッションの上方にあるハッチです。というのもクッションが一番濡れていて、キャビンのスターンはさほど湿気はありませんでしたので。湿気対策のベンチレーターを検討するより、雨漏り対策として、コンパニオンハッチを覆うデッキカバーを検討した方が良いかもしれません。
写真はヤマハ23IIのデッキです。マストの手前にある部分がコンパニオンハッチと呼ばれるところです。
クリックすると元のサイズで表示します



2007/9/21  23:44

投稿者:俊介

eWindさん、電気のハーネスの可能性もあるんですね。マストを立てた後、マストトップにある航海灯の電気コードをキャビン天井(マストの根元部分)の板をはずし、接続しました。確かにここも怪しい気がします。アドバイスありがとうございます。

2007/9/21  23:31

投稿者:俊介

サムシングさん、ご丁寧なご説明とアドバイスをありがとうございます。キャビンのステンレスのロッドがサイドスティのプレートにつながっていると聞いて、なるほど、確かにロッドの方向に、間違いなくサイドスティがあります。明日、サイドスティの根元あたりにホースの水を勢いよく流して、テストしてみたいと思います。

2007/9/21  21:18

投稿者:eWind

サムシングさんのご指摘も疑って見る必要もあります電気のハーネスを伝わってくることもあります。私のルボンの場合も同じような現象がありましたがこちらは結露が原因でした。木造船の場合木が吸収してくれるので問題はありませんが吸収する素材が無い或は換気が悪い場合結露を疑ってみてはいかがですか。

2007/9/21  12:02

投稿者:サムシング田中

 初めまして。
 静岡県の清水港に<サムシング>という艇を置いています。
 
 「雨漏り」聞いて、以前仲間の艇であったことを書きます。
 キャビン内の写真を見ました。

 バルクヘッド(隔壁)にサイドステイ補強のためのステンレスのロッドが取り付けられています。この補強のためのロッドはデッキを貫通して、サイドステイのプレートにつながっています。このデッキ上のプレートのコーキングが怪しいと思います。
 常に動いている場所で、マストが動けば(ヒールしたりして)コーキングが切れます。
切れた処から雨水が入り、ロッドを伝わってバースの上に流れる。

 クッションの上部が濡れていなくて、裏側が濡れて居る場合はこの辺を怪しんでください。また、雨の日にクッションを外しておいて、様子を見ることも一つの方法です。
ロッドに布を巻き付けておきてください。雨後、これが濡れていれば犯人はココ(笑)。

 もし、これが犯人だったら、このデッキプレートには常に大きな力が掛かっていますから、コーキングをキレイに排除して、プライマーを塗り、コーキングをやり直した方が良いと思います。

 中古艇、オーナーを知っていたりしたら問題ないのですが、出はない場合、問題が多々起きますね。そのためにサーベイヤーという人が居ます。
http://www.usedboat.or.jp/index.html




http://www.the-support.net/something/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ