2008/8/25  22:47

キャビンで針仕事【ロープカバーを自作】  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

横浜ベイサイドマリーナの桟橋に引っ越ししてまだ2ヶ月足らずですが、新調しましたスプリングロープがすでに切れ始めてきました(泣)。調べましたところ、ガンネル(アルミ製)にこすれていることが原因。
海はいつ雷雨がくるかわからない天候、漁師さんにならいと思い、キャビンで針仕事。
ホームセンターで調達してきました皮で、もやいのカバーを作りました。工夫した点は、カバーがずれない様にもやいのリングに細いロープでカバーの位置を固定した点です。
一心に針仕事すること、3時間。これもこれで、いい気分転換になりました(笑)。
日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。




2008/8/30  6:57

投稿者:俊介

サムシング田中さん、
おはようございます。
消防用ホース、同じ桟橋のABさんからも薦められました。耐久性があり、容易に装着できることから、大変人気らしいですね。
YBMのヨットレースのある賞で出たこともあり、受賞した方が、同じ桟橋の方にお裾分けされていると聞きました。あっという間になくなったそうです。
ビルでは、定期メンテで未使用のホースも交換するんですか。もったいない。そうしたら、東京や横浜のどこかで簡単にいただけそうなところもありそうですね。是非入手したいものです。

2008/8/30  6:49

投稿者:俊介

オリオン兵藤さん、
おはようございます。
天候がいまいちだと、シングルで無理して海に出ることはしないものですから、キャビンにいると、どうしても時間をもてあまします。
そんな時、のんびり手作りであれこれ作ってしまうんです。いろんなアイデアが出て、それを創り出す課程を楽しんでます。

2008/8/30  6:44

投稿者:俊介

bakchosさん、
コメントありがとうございます。
サムシング田中さんのブログを読んで、私も荒天対策の重要性が良くわかりました。このラインマスター、同じ桟橋の方も結構利用されています。台風シーズン前に購入しておかないと、発生したらすぐ売れ切れになりそうですね。

2008/8/29  8:12

投稿者:サムシング田中

サムシングの台風レポート、読んでくれてありがとう。
他山の石と見て貰えれば嬉しいです。

それと、もやいの「擦れ止め」。
このホースを沢山貰ってきて、ヨット仲間に分けました。
手作りの味は全くないけど(泣)、耐久性抜群。

http://white.ap.teacup.com/something/343.html


2008/8/28  12:58

投稿者:オリオン兵藤

物を作るのは楽しいですね。
私も余ったサンブレラ生地で舫いロープのカバーを作りましたが、皮製の方が、機能的にも見た目にもずっと良さそうですね。
ホームセンターで材料の革を探してみます。

サムシング田中さんの日記、まったく人事ではありませんね。
台風が来ると、係留か上架かいつも迷います。

http://blog.livedoor.jp/orionhyodo/

2008/8/28  7:18

投稿者:bakchos

手作りっていいですね。
艇をいたわる気持ちがにじんでいますね。^^/

サムシング田中さんの日記?はすごいですね。
bakchos艇も今まで陸置きだったので、それほど心配は
なかったですが、今年からは台風も大きな不安要因と
なっています。

あんなになってもある意味台風が来ているときは何も
できないでしょうから、事前の準備が大切ですね。

ラインマスター、そんなに効果があるとは知りませんでした。

これは購入したほうがよさそうですね。

2008/8/27  23:43

投稿者:俊介

ポプラさん、
台風時は、イーストの桟橋がウエストよりかなりうねりを受けるらしいです。
これから台風シーズンを迎えますので、準備しておく必要がありますね。

2008/8/27  23:41

投稿者:俊介

サムシング田中さん、
1996年の台風の被害、読まさせて頂きました。
すざましい状況ですね。こんな荒天にならないことを祈りたいです。
備えあれば憂いなしと言いますが、可能な限りの荒天対策は必要ですね。昨年秋、相模湾を通過しました台風の際、横浜ベイサイドがどういう状況だったか、同じ桟橋のヨット仲間の方にお聞きしたいと思います。
大変ためになりますご助言、いつもありがとうございます。

2008/8/27  11:15

投稿者:ポプラ

またまた力作ですね
針仕事も器用にこなしすごいなぁと感じます

台風対策
サムシング田中さんの日記を見て
恐ろしさを感じました
ジブは必ず降ろさないとと感じました

2008/8/27  7:28

投稿者:サムシング田中

俊介さん。
台風が来た時には、桟橋から離れてアンカーを打ち、沖係して振れ回しにするのが一番安全なんでしょうね。
この桟橋ポンツーンを計画した時に、みんなで心配したのは、台風の時の桟橋の「暴れ」でした。ここ10年本格的な台風に見舞われていないので、どうなるのか判らないことは多いです。

ウチのヨットハーバーは駿河湾に向けて東に開いている海面なんですが、
東からのウネリは清水港の防波堤で止まります。
が、底ウネリ(ヨタ…と呼んでいます)が、港の奥深くまで入ってきて、海面は静なんですが艇と桟橋を揺らします。
その時の風も相まって、艇と桟橋の揺れるリズムが違うのです。
大型で軽い艇のなかには桟橋の上に乗り上げてしまうのもあります。
また重量がある艇は桟橋にダメージを与える場合もあります。

このリズムの違いを吸収するのがラインマスターだと思います。
http://white.ap.teacup.com/something/img/1219788535.jpg
こんな製品が無かった頃は自転車のタイヤを上手く使って作った事もありました。


また、台風の直撃が考えられる時には、まず全艇にジブファーラーとメインセールを
マストとブームから外すことをお願いします。

以前、こんな被害があって懲りているのです。
http://www.the-support.net/something/log/taifu/taifu.html

一艇だけの被害に留まらず、他艇へ被害を及ぼしてしまうのです。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ