2008/12/30  9:15

大失敗、船外機(4ストローク)エンジンオイル交換  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します

やってしまいました。最後の最後になってオイルを海に流し、そしてドレンボルトを海にちゃぽんと落としてしまいました。お隣のKさんが中性洗剤をまいてくださり、しばらくするとマリーナの方もお越しになり、桟橋の周りにスプレーを。大事にはいたりませんでしたが、大反省。せめて、スターンを桟橋に回してやるべきでした。しかし、ボルトが海底に(泣)。サービスセンターに修理を依頼すると、なんと部品が無いと。調達できるのはお正月明けだとか。
これでは、1月3日に回航できない!
でもネジ。ヤマハが製造しているわけがないし、規格品のはず。取説を何度も読み、ネットでネジのことを調べつくし、バイク屋さんに教わり、ホームセンター、オートバックスにでかけ、幾種類ものネジを調達。ネジの径が合っても、長さが気になるところ。
奥でつっかえるところがあっては入らなくなるばかりか、エンジン内部を損傷させてしまう。ネジの呼び径は10mmでぴったし、しかしネジの頭が市販品では大きすぎて、船外機にはまりません。ネジ頭が小さくて、直径10mmで、かつネジの長さが短いもの、これを二日かけて探し回りました。やっと見つけたネジ、もうこれがはまらなければ、回航の予定を変更しなければなりません。
クリックすると元のサイズで表示します

念入りに計測し、もう少しでもオイルをこぼさない様に周到に準備。エンジンオイルはもう空ですが、タライにひもをつけて念のために海にうかべました。
クリックすると元のサイズで表示します

ぴったしはまりました。ほっと。
それから、エンジンオイルのキャップを海に落とさない様に慎重にとり、ジョーゴをつけて、ゆっくりエンジンオイルを無事入れ終えました。回転を上げ下げしながら、暖気運転を約1時間。取り付けたネジからオイルが漏れないか、エンジンに異常はないか確認。無事作業を終了することができました。大晦日、マリーナの給油所が営業しますので、ガソリン調達がてら、再度取り付けネジからのオイル漏れ、船外機の調子をマリーナ内を走り、確認します。
クリックすると元のサイズで表示します
日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。




2008/12/31  15:18

投稿者:俊介

ABさん
アドバイスありがとうございます。
やっぱりパッキンにあたるものは必要ですね。
今からホームセンターで代用品のワッシャーを調達し、2日に取り付けて、3日回航にのぞむことにしました。
オイルが入っていますので、手際よくやらなければなりませんが。

2008/12/31  9:45

投稿者:AB

細かく見ると、ボルトの噛み合わせは隙間だらけで
数箇所が点で接触しているだけらしいです

なのでオイルはネジの部分から染み出してきます
特にエンジンを起動すると熱で微妙に変形しますし
圧力が掛かれば尚更でしょう

純正品が無い時は真鍮か銅などの柔らかいワッシャー
で代用したら如何でしょうか?

2008/12/31  0:25

投稿者:俊介

セニョールさん
ネジはしっかり隙間なくはまっていますので、オイルが漏れることは、まず無いと考えていますが、明日確認してみます。
万が一のことがありましたら、すぐご連絡しますね。

2008/12/31  0:23

投稿者:俊介

nature77さん
アドバイスありがとうございます。
確かにねじ穴とネジの間にガスケットと呼ばれる固定シート(円形のはず)を入れる仕様になっています。
ネジは10mmでしっかり固定していますが、早い内に純正の部品を交換しなければと思います。

2008/12/31  0:19

投稿者:俊介

masukeさん
ほんの少しだと思うのですが、すごく広がるので驚きました。お縄にならなくて良かったです。

2008/12/31  0:18

投稿者:俊介

ポプラさん
どのこバースの下にも部品がいっぱい落ちているらしいですよ(笑)。
3日は行けると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

2008/12/31  0:16

投稿者:俊介

ABさん
4ストの船外機のドレンボルトには、ガスケットと呼ばれる固定シートを付ける、と取説に書いてありました。金属製ではない様です。今回、ネジだけですので、早い内に純製のネジとガスケットと交換する予定です。

2008/12/31  0:11

投稿者:俊介

KOINOBORIさん
そうなんです。店がまだ空いていて本当にラッキーでした。明日、船を動かして再点検します。

2008/12/30  22:13

投稿者:セニョール

いくら補機とはいえこれがないとね、、。
回航用に補補機の用意でもしておきますか?

冗談はともかく、やはりOリングも探されたほうが
良いように思いますが、、。


2008/12/30  21:30

投稿者:nature77

 状況がよくわかりました。大変でしたね。
 ドレンボルトの構造が不明なので、不用意なことは言えませんが、座金かパッキングがあった方が良いかも知れませんね。あと、簡易的なシーリングに、自己融着テープ(電気工事用)や、指でこねて隙間に充填するシール剤を使うことがありますが、こういう箇所に使えないですかね? もっとも、テスト走行段階で漏れてくるようだと、やはりプロに頼んだ方が良いと思いますが。
 何にしても宮川回航がうまくいく事を祈念しております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ