2010/7/24  5:02

船外機の海水ポンプのインペラ  メンテナンス

クリックすると元のサイズで表示します


これが、海水ポンプのインペラなんですね。実物を初めて見ました。大きさは5、6cm位
でしょうか。ヤマハの4ストロークの船外機のものですが、以外に大きなものでした。ただ
よく見ますとこのゴムの歯車の形が少し変形(まっすぐに)してます。もう交換時期だった
のかもしれません。上の白いものは、エンジンジンクアノードです。これは腐食して回りは
もうぼろぼろでした。定期点検、整備の必要性を強く感じます。

購入して3年、内2年は海上係留でしたので、上架中の船底塗装の合間にコーチャの方に
整備をお願いしました。その内容は次の通りです。

1.エンジンオイル交換
2.ギアオイルおよびドレンパッキン交換
3.海水ポンプインペラの交換
4.エンジンジンクの交換
5.燃料フィルター脱着清掃
6.プロペラ脱着グリスアップ
7.ロックシャフトの錆取り塗装

4ストロークの船外機のエンジンはまるでサイボーグ、電子部品がたくさん。エンジン・
ギヤオイル交換、ロックシャフトの錆取りは自分でも出来ますが、他の整備は不安ですね。
この整備作業費用、交換部品、作業工数、上架料金は除き、大2枚もしませんでした。
船外機のメンテンスはリーズナブルですね。これと同じ整備を船内機でやったら、きっと
数倍もコストがかかるのではないでしょうか。


日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2010/7/25  16:48

投稿者:俊介

フェニックスさん
みなさんのお話しを聞きしていますと、自分で出来るだけやる方が、いざと言う時、正確な対応でできそうですね。時間もなくついつい業者さんにお願いしているのですが、せめて次回は立ち会う様にしたいものです。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/7/25  16:46

投稿者:俊介

IIb@阿武隈さん
パーツ代、そんなに安いのですか。経験をふまないと、簡単には交換できないのでしょうが、確かYBMでは講習会をやってましたね。
将来、船内機を持つのは、少し不安でしたが、少し考えが変わりました。ありがとうございます。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/7/25  16:42

投稿者:俊介

まさゆきさん
インペラって新品はまっすぐしているんですね。自分でパーツを交換していませんから、初めて知りました。ありがとうございます。

プロペラ、確かにスプライン方式です。シアーピンじゃなかった。ありがとうございます。うっかり発注しそうでした。もっとエンジンのこと知らないといけません(汗)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/7/25  16:25

投稿者:俊介

サムシング田中さん
船外機では、エンジンジンクって海水ポンプ通路の防触亜鉛を指す様です。3年近くになると結構ぼろぼろになりますね。

自分も年に数回、モーターフラッシャーを使って船外機の塩抜きをしています。陸置きの時は、上架の度にやっていましたが、海上係留になって、回数がぐんと減りました。本当は毎回やったほうが塩をきれいに流すのでいいのでしょうけど。

シャーピンですね。これは交換してません。予備でもっておいたほうがいいピンですね。これが折れたら、プロペラが回りませんから。

ハウジングの中、見てくれたのかなぁ、特にお願いはしていませんでした。来年はお願いしたいと思います。

いろいろアドバイスありがとうございます。大変勉強になりました。





http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/7/25  4:43

投稿者:フエニックス

船外4ストのメンテは
業者さんにお願いしたほうがいいのですね
渡しも業者さんにお願いしますが
出来るだけ作業を一緒に見るようにしてます
でもいざ海上でトラブルの場合対応出来るかわ不安です

http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2010/7/25  1:49

投稿者:IIb@阿武隈

船内機(1GM)は構造がシンプルなので、
リストに挙がっている作業は
特に不安を感じることなく自分でできてしまいます。
パーツ代も安いので、
小枚4枚もかからないでしょうね。

2010/7/24  22:50

投稿者:まさゆき

インペラは本来は真っ直ぐな物ですが、変形を思うと替え時だったんでしょうネ。

以前はシャフトとプロペラを停めるのにシアーピンを使ってたんですが 今はスプラインで停めてあるようです。  プロペラ側がゴム製なんで滑る時がありますが 低回転の2ノットくらいなら進みます。

これも予備を持ってたほうが安心できるかも?

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/

2010/7/24  7:05

投稿者:サムシング田中

ヤマハの4ストロークの船外機は優秀ですね。
盗難に遭うのも、この手が多いと聞いています。
宮川は駐車場から離れているので大丈夫ですね。

インペラーが変形する、摩耗するのは海水ポンプのハウジング内部に
塩の固まり貝殻の粉が付着してゆくので、それによって変形摩耗もする。
ハウジングの内部も見てくれたのでしょうね。
http://white.ap.teacup.com/something/727.html

船外機の場合、コッターピン?、シャーピン?というペラに負荷がかかった場合
折れてしまうピンが在ったと思ったけど、それは良いのかな?。

以前の艇、トーハツの船外機を使っていましたが、年に2〜3回は艇から外して
船外機台へ掛け、ドラム缶を半分に切った真水の水槽の中でエンジンを廻した
ことを思い出しました。あれは2ストロークかな。

エンジンクアノードってエンジン内部の防触亜鉛のこと?。






http://www.the-support.net/something/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ