2010/8/30  5:58

ビーチパラソル開いて海水浴、ヨットから  ヨット体験記

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


自然に囲まれた美しい諸磯の入り江で海水浴しようということで、ちょっと洒落たこと
しようと思い、2mのビーチパラソルをヨットに開いてみました。絵柄は雲、ゲストの
KONOBORIさん、takuさんに大うけ(笑)。前日ホームセンターで調達し、ビーチの砂に
さす尖ったプラスチックを平たいカバーに交換し、デッキに立て易くしたのも正解でし
た。スタンションにロープ3本で固定しまったく動かずしっかり立っていました。

ヨットから海にドボン。水温もちょうどいいです。クラゲも全然いません。冷たい海流が
時折体を流れてきます。誰かに触られているみたいで、ゾクッ。これがまた心地良いの
です。森の緑に、青い空、もうここは楽園。レースから帰港するヨットや行きかう船、
オレンジ色の屋根の家並に灯台、ぷかぷか海に浮きながら、時が経つのを忘れます。

8月最後の日曜日、今年一番のリラックスした素敵な夏の休日となりました。しかも
ハーバーから30分の近場で(笑)。


日本ブログ村のランキングに参加中です。
クリックをお願いします。励みになります。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ



2010/8/31  7:11

投稿者:俊介

フェニックスさん
ビーチパラソル、実は桟橋のご近所さんのアイデアなんです。ヨットからの海水浴にはこれが一番マッチすると思い、ゲストの皆さんがお越しの前に調達しました。一人でさすにはちょっと恥ずかしいです。

2010/8/31  5:04

投稿者:フエニックス

ついに
今年の新アイテム登場ですね
リゾートですね
パラソルに
海に 
海水浴に


http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2010/8/30  22:31

投稿者:俊介

遙@諸磯さん
もちろん、こちらこそランデブーをお願いします。
毎週日曜日には船を出せますので、ご一緒できたらいいですね。
ビーチパラソル、ヨットに取り付けるのも、収納するのも簡単でなかなか使えます。ただ、日陰になる場所が、アンカー一本ですと、船が振れるたびに変わります(笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:27

投稿者:俊介

セニョールさん
takuさんのKAV本体は回収できたのですが、吹流しが切れて流れてしまいました。引き返して、一度は見つけたのですが、少しうねりがあり失敗。再度捜索するも見つかりませんでした。残念。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:23

投稿者:俊介

セニョールさん
そうです。油壺に入る手前のところです。
アンカー落としましたら、2、3杯ヨットが入ってきました。
そうそう油壺のハンター35も隣にいましたので、オリビアでも全然入ってこれると思いますよ。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:21

投稿者:俊介

<ハーモニー>さん
避難港として有名な油壺に入る入り江(諸磯湾)も美しい自然に囲まれています。島国の日本、もっと海を楽しむ人が増えてもいいのにと思ってしまいます。内需復活は海がキーワードになって欲しいものです。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:13

投稿者:俊介

ABさん
なんとなくABさんの気配を感じてました(笑)。
9月末まで残暑が続きそうですから、次回はうらりではなくて、諸磯の入り江で待ち合わせしましょう!YBMの仲間と一緒に海水浴を。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:10

投稿者:俊介

KOINOBORIさん
久しぶりにアンカーしました。
桟橋とは違って、船の周りが海、これがいいですね。
しかもスターンからドボン。最高です。
まだまだ夏は終わりませんよ(笑)。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  22:08

投稿者:俊介

Takuさん
三浦にはセーリング後に立ち寄る入り江や港があっていいですよね。
また、まったりしましょう。次回はtwitterでつぶやいて、仲間の船とランデブー、アンカーするのもいいかもしれませんね。

http://sea.ap.teacup.com/shunsuke/

2010/8/30  21:54

投稿者:セニョール

かなり湾口に近い場所ですね? 壷への入り口の脇くらいかな?
そういえばtakuさんのKAVは無事に回収できたのでしょうか?



http://plaza.rakuten.co.jp/exolivia/diary/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ