2004/4/10

守谷・荒熊の磯/守谷漁港  釣場風景:C守谷〜興津

<荒熊の磯への入り口>
守谷漁港駐車場から見た守谷洞窟のトンネル。
この穴を抜けると、そこはもう荒熊の磯。


クリックすると元のサイズで表示します
<荒熊の磯>
荒熊の磯は、守谷漁港駐車場から徒歩で簡単に入ることができるコンビニ地磯。
足場も良く、磯釣り初心者でもOK。のっこみクロダイ釣り場として人気がある。
全体的に水深はあまりなく、少し遠投すると底は砂地になる。
春先はホンダワラやカジメが水面まで茂り、気をつけないとすぐにウキをとられてしまう。
写真中央の岬周りが一番人気のポイントで、いつも人が絶えない。波の高い日は足元が洗われるので注意。

写真奥に続くのはセンヅツの磯。
こちらから磯伝いに行くことはできないので、興津漁港側から徒歩で入る。


クリックすると元のサイズで表示します
<磯の先端部>
一番人気のポイントはここ。
岬の先端方向には浅い沈み根が続いていて根掛かりするので、先端方向よりも水深のある右側を探ろう。
すぐ足元にコマセを打ち、払い出しの流れに乗せて広範囲に仕掛けを流す。
かなり沖まで流しても水深はさほど深くはならない。


クリックすると元のサイズで表示します
<岬南側のワンド>
水深はあまりないが、春ののっこみクロダイのポイントとして人気がある。
岬先端部が波をかぶっているときは、少し下がってこの辺りから竿を出してみよう。


クリックすると元のサイズで表示します
<守谷海岸を望む>
荒熊の磯より、守谷海岸を望む。
写真左奥の一段高くなっている岩は、潮位が高いときや荒れ気味の日でも入ることのできるポイント。
夕方からの半夜釣りでアジも釣れる。
沖の離れ島との間の船道を狙うとよい。


クリックすると元のサイズで表示します
<守谷漁港>
海水浴場として人気のある守谷海岸に隣接する小さな漁港。
港内の水深は浅く、底がまる見え。日中は釣りにならないが、夜釣りでアジを狙うことができる。
左側堤防の先端から荒熊の磯方向に遠投し、船道を探ってみよう。

 

  


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ