2004/4/11

 
7月某日 釣果 セイゴ1匹、ハゼ約10匹。

一宮川河口の汐入池に出かけた。

朝4時、一宮川河口にある汐入池の水門に到着。
ここは地元以外にはあまり知られていない、セイゴ、フッコの穴場だ。

クリックすると元のサイズで表示します

早速、仕掛けをセットする。
5.2Mの磯竿4号に、5号ラインを巻いたスピニングリールをセット。
オモリ負荷5号の電気ウキに、ハリスはフロロ3号、これにセイゴ針を結ぶ。
ごついロッドを使うのは、高い場所からの釣りになるから。
えいやっと抜き上げて取り込むためだ。

大き目の青イソメを3匹ふさ掛けにして、仕掛けを投入。
ウキ下は約1.5M。水深が浅いので、これでも底すれすれ。

ちょうど満潮後の下げ潮で水が動き始める時間帯。
水門方向に向かって電気ウキの光がゆっくりと流れていく。

やがて、電気ウキの光が何かに引っ掛かったように水中に沈み、そして流れに対し斜め方向に動き出した。アタリだ。

軽くあわせを入れて竿を立てる。
左右にグングンと走り回る。
長竿でしっかりと走りを止めて、足元に寄せてくる。
そして、竿先を水面近くまで下げてラインを巻き取ってから、「よーいしょっ」と竿をあおって魚を抜き上げ、フェンスの内側へドサッと落とす。
約40センチのセイゴ。
ここではまずまずの良型だ。

結局、この日のセイゴはこの1匹だけ。
日が昇ってからは、同じ場所で、残った青イソメでハゼを狙う。

この時期のハゼは、ことし生まれたばかりのちびハゼと、越冬した大型の両方が釣れる。狙いはもちろん、20cm超の大型だ。
タックルを1号の磯竿に替えて、シンプルなミャク釣り仕掛けをセット。
これで護岸のくいの周りや、池の中央の深みなどのポイントを丹念に探る。
結局、大物ハゼは10匹程度釣れた。まあまあの釣果。

そのほかにも、沢山のちびハゼや今年生まれたばかりのちびセイゴが、自分の口よりも大きい針に器用にかかってきた。

お前達は秋になったら釣ってやるから、もうしばらくそこで待ってなさい。

(2002年7月)
  


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ