2004/4/17



作田川河口部に設けられた、九十九里随一の大きな漁港。
春は外房名物カタクチイワシの水揚げで賑わう。
足場の良いポイントが多く、家族連れの釣り人も多い。

<赤灯堤防>
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

漁港北側に延びる赤灯堤防。
堤防外側は大きな消波テトラが積み上げられており、足場が非常に悪いので、よほどこの釣り場に慣れたベテランでない限り立ち入らないこと。
堤防先端のテトラ回りは、良型のソイやシマダイなどが狙えるポイント。
クリックすると元のサイズで表示します
堤防内側の船道では、ちょい投げでシタビラメやイシモチが釣れる。
夜は電気ウキ、ブッコミ釣りでスズキ、フッコも狙える。
潮流が早いので海に落ちないようにくれぐれも注意。
波の高い日は立ち入らないこと。

<河口部の導流堤防>
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

作田川本流河口部の導流堤防。
片貝新港へと続く船道になっており、浚渫されて水深もある。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

導流堤防先端部のすぐ足下の空洞には、良型のソイやアイナメが隠れている。
落とし込みでヘチを探ってみよう。クロダイもいるよ。

<白灯堤防(旧離岸堤)>
クリックすると元のサイズで表示します

白灯堤防は以前は離岸堤だったが、最近の工事で陸続きとなった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

白灯のある先端部および堤防内側からは、ちょい投げで船道をダイレクトに狙える。
シタビラメの好ポイントだが、地元常連師によれば、接続工事で潮通しが悪くなったため、以前ほどは釣れなくなったという。
外側のテトラ際は、クロダイ、シマダイのポイント。
水深は2〜3Mと浅いが、テトラの間に思わぬ良型が居ついている。
仕掛けをテトラから離さないように探ってやるのがキモ。
波の高い日は危険なので立ち入らないこと。

<片貝漁港(新港)>
クリックすると元のサイズで表示します

港内は足場の良い岸壁で、基本的に漁船さえいなければどこからでも竿を出せる。

クリックすると元のサイズで表示します

新港入り口(下流:河口導流堤側から)。
画像左側が片貝新港。右側は作田川本流。

クリックすると元のサイズで表示します

新港入り口(上流側から)。
セイゴ、フッコの実績ポイント。
数釣りのできるベストシーズンは秋。
満潮前後の時合を狙って行くとよい。
ここは週末になると遊漁船の発着場になるので、邪魔にならないように大きな荷物を広げるのはやめよう。
なお秋にはメッキの数釣りもできる。

クリックすると元のサイズで表示します

荷捌き場前の岸壁。
ここの漁船はどこに接岸するかわからないので(笑)、船が戻ってきたらすぐ移動できるよう荷物はコンパクトにまとめ、出す竿の本数も2本程度までにしておくのがベター。
もたもたしていると漁師さんに怒られる。

クリックすると元のサイズで表示します

新港最奥部のアイスサーバー(製氷機)前。
潮通しがよくないのであまり人気はないが、セイゴやメッキの群れが港内を回遊する秋には意外な好釣果も。

<作田川本流>
クリックすると元のサイズで表示します

作田川本流河口部では、シタビラメ、ハゼ、セイゴ・フッコ、メッキなど年間を通じて色々な魚が狙える。
全体に水深は浅いが、旧港へと続く漁船の通り道は定期的に浚渫されている。
干潮時に川底の地形をチェックしておいて、満潮前後に攻めるとよい。
昨年、釣り雑誌でウナギ釣りのポイントとして紹介された直後は、大変な人出だったらしい。

<旧港>
クリックすると元のサイズで表示します

作田川本流から旧港への入り口は、新港入り口のすぐ上流にある。

クリックすると元のサイズで表示します

潮通しがよくないので基本的にはメインの釣り場ではないが、秋のメッキはこのあたりにも回遊してくる。


    


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ