2004/4/20

オナガザメ(片貝漁港にて)  釣場風景:@蓮沼〜一宮海岸
クリックすると元のサイズで表示します
 
先日、片貝漁港の春の風物詩、背黒イワシ(カタクチイワシ)の水揚げの様子を眺めていたら、珍しい外道が揚がっていたので思わず写真をとった。
長い尾びれと胸びれが特徴の「オナガザメ」。
水中を泳いでいたら、さぞかし優雅で美しいだろう。
私もこの年になってはじめて見た。
遊びにきていた子供がたちが、こわごわとつついていた。

3月から4月にかけて、外房各地の港では背黒イワシ(カタクチイワシ)が大量に水揚げされ、鮮魚店の店頭にいっせいに並ぶ。
イワシなんて、と思ったら大間違いだ。
活きのいいものは刺身で食べるととても美味しい。
余ったら天日で干して冷凍保存しておけば、酒のつまみに最高。
釣るよりも買ったほうがはるかに安いので、つまらないことは考えずに迷わず買うべし(笑)。


 


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ