2010/12/12

レアものダブルHIT♪  釣行記:E鴨川〜千倉
 
今日はシーバカさんと一緒の釣行♪
ターゲットは、性懲りもなくヒラヒラ(笑)。

ところが、鼻息荒く乗り込んだのはいいけれど、外房一帯のポイントはどこもかしこもアジ狙いの釣り人で満員御礼(汗)。
普段は誰も居ないマイナーポイントにも、すでに数名の先客が・・・・・・マジデスカ?

先客のご好意により何とか隣に入れていただいたが、シーバカさんがルアーを投げるスペースは既に無い。
う〜ん、困ったなあ・・・・と思っているところへ、すぐにシーバカさんも到着。
いつになく混雑したポイントの様子を見るや、すぐに見切ってどこかへ転戦していかれた。
さすが、ルアーフィッシングは機動性があります♪

管理人はといえば、活餌調達のカゴ釣り〜泳がせの定番リレー。
小アジはとにかく沢山居るので、必要数はすぐに確保できた。
まだ暗いうちから泳がせをスタートしたところ・・・・

思わぬレアキャラをGETしてしまった。


<本日のレアもの:その1>
クリックすると元のサイズで表示します

なんと・・・・・マトウダイ。
本命を釣るより、ある意味ずっと難しい(笑)。
喉の奥には、餌の小アジの尻尾が見えている。


クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに、本日のアタリは3回。
一回はこれ。一回はサメ。もう一回はすっぽ抜け(泣)。
餌の小アジに歯形は残っていなかったので、シーバスかな?

その後、再びシーバカさんが戻ってきて一緒に朝まで粘ったが、今回も本命の姿を見ることはできなかった(ソゲはカウント外)。
今年もこのまま、何事もなく終わってしまうのだろうか・・・(泣)


<本日のレアもの:その2>
クリックすると元のサイズで表示します

シーバカさんからいただいた「天の原」大吟醸生酒。
シーバカさんにお願いしないと手に入らない貴重なお酒。
やっほう♪
いつもいつもありがとうございます。



その後、シーバカさんと一緒に「とあるポイント」を視察。
先日、ランカーシーバスと座布団ヒラメの爆釣劇が繰り広げられたという噂の現場である。

情報化社会というのは恐ろしいもので、つい昨日までは地元の釣師がたまに竿を出す程度だった静かな釣り場が、ある日突然鉄火場に(汗)。
地元のおっちゃん達が目を白黒させている様子が目に浮かぶ。
情報のコマセに釣られてノコノコ様子を見に行った管理人が偉そうなことを言える立場にないことは百も承知しているが、それにしても、なんだかね〜。
ちょっと考えてしまった。
(※誤解のないように補足しますが、情報の収集・活用を批判する意図ではありません。)

ちなみに、沖合いでは無数の海鳥の群れが派手に餌を追っていた。
あの下には、いったい何が居るのだろう・・・?

<12月14日追記>
管理人のもとに各方面から聞こえてきた情報を総合すると、先週は外房〜南房のいたるところでシーバス祭りがあったらしい。
キーワードは、ベイトフィッシュと鳥山。
過去の成功体験や事前情報にとらわれることなく、一切の予見を捨てて、ただひたすら無心で鳥山を探すのが釣果への近道のようです。



クリックすると元のサイズで表示します

マトウダイの刺身。
初めて食べたけれど、もっちりとした食感で激ウマ!
大吟醸との相性もバッチリ♪
食味だけなら、ヒラヒラよりもマトウダイの勝ちである。
決して負け惜しみではなく、ほんとにそう思う。
狙って釣れるものならまた狙いたいが・・・・・無理だよね(笑)。


<本日のBGM>  
クリックすると元のサイズで表示します

KISS "DOUBLE PLATINUM" (1978)
  
  
タグ: 釣り

2010/12/16  21:42

投稿者:管理人
>あおみのさん
初コメ、ありがとうございます。
外房、大勢の釣り人で混んでますね。
でも、それ自体は決して悪いことではありません。
釣れてるときに釣れてるものを狙うのは正解です。大いに愉しみましょう。

釣場は決して、常連師や地元師だけのものではありません。
全てのアングラーに対して、WIDE OPENです!
もしも「ここは俺達のポイントだ。よそもんは入ってくるな。」みたいな態度をとる常連師がいたら、間違っているのは100%その人たちです!

ちなみに、かつて私だけの秘密のマイポイントだった釣り場にも、最近は多くの釣り人が入るようになりました。
つい先日も、そんな釣り人のひとりから、その釣り場についてご親切にレクチャーを頂き、大変複雑な心境になりました(笑)。

でも、外房を数ヶ月留守にして南房に浮気していたのはほかならぬ私自身。
数ヶ月も訪れなかったなら、もはやホームグラウンドとは言えません。
新たな「常連さん」にポイントを明け渡して、新たなマイポイント見つけるのが筋というものです。
それは決して今に始まったことではなく、ずっと大昔から繰返されてきたことですから。

ですので、どうぞお気になさらないで、魚の群れにどんどん突っ込んでいってください(笑)。
そして、美味しい情報があったら、こっそり私に教えてくださいね♪(爆)。

2010/12/16  10:26

投稿者:あおみの
初コメです。

マトウダイ、めずらしいですね!!

見たこと無いです!!

外房激コミですか、、、

きっと私みたいな、サンデーアングラーが、
情報を元にアジやイワシの群れに突っ込むのでしょう。

そう、
鳥山のように。。。

2010/12/15  21:05

投稿者:管理人
>すったさん
肝、食べてません。
そんなに美味しいのですか?
くそっ・・・・・また釣っちゃる!(笑)

ちなみにびっちゃさんはセレブなので、私みたいにガツガツセコセコした釣りはなさいません。
たとえ小魚数匹でも、「うむ。今日はよき日じゃ。」と泰然と構えておられることと思います(笑)。

>良竿さん
コメント有難うございます。
最近はHGに新しい仲間も増えて、にぎやかになってきました。
良型交じりでアジも好調ですので、ぜひ釣り納めを♪

タタキ釣り・・・バケを使った和式ルアーフィッシングですね。
弓角、エギ、カブラなどなど、自分の息子くらいの世代の若い釣り人が使っているのを見ると、なんだか楽しくなります。

2010/12/15  20:12

投稿者:良竿
ご無沙汰で〜す。
秋のオフ会以降は釣りに行ってないんですよ。
マトウダイは美味いですよねぇ・・・・・
以前いつもの場所で釣り上げて漁師さんにあげようとしたら「マトはうめぇから食ってみなよ」と断られてしまいました。
しかたなしに持ち帰って刺身にしたらヒラメよりも美味かったです。

シーバスが寄ってますか、タタキ釣りがしたいなぁ。

2010/12/15  19:35

投稿者:すった
マトウダイと言えばやはり肝ですよね〜

食べました?

フランス料理では高級食材だそうで、アチラでは焼いて食べるみたいです。

そうそう、びっちゃさんが棄てようとするところをいただいたことがあります。
セレブの口には合わないみたいです(笑

http://loveearthlovefishing.naturum.ne.jp/

2010/12/13  21:39

投稿者:管理人
>Bサーフさん
あらら、皮は捨ててしまいました・・・。
ちくしょう、また釣ってやる!(笑)

>イギーさん
はじめまして。コメント有難うございます。
体調を崩してらっしゃるのですか・・・・
最近急に寒くなりましたからね。
どうぞお大事になさってください。

>ロコパパさん
久保田、吉乃川、私も大好きです♪
以前、久保田の碧寿を一升瓶で頂いて、お正月休みの間に全部飲んでしまったことも・・・・(笑)
例の現場ですが、実際に自分の目で見て、なるほどこういうことかと納得しました。
潮目の方向、波の具合、漁船の位置、鳥の様子・・・・
南房にも、地理的条件の酷似したポイントがありますね♪

>izuさん
外房やばいです。激混みです。
最近は「アジング」のルアーマンが増えているようですが、私には正直理解できません。
外房で20cm前後の小アジ100匹釣るよりも、南房で尺オーバー2〜3匹釣る方が絶対面白いのに・・・・・
まあ、ルアーに限っての話ですが。

2010/12/13  20:21

投稿者:izu
これまたレア物釣りましたね〜
あの大きな口ならば南房アジも丸飲みしてくれそうですね♪
最も、居ればの話ですが(爆
こちらはウネリと南西風でダメダメでした。

外房はアジが釣れ盛ってる影響で激混みですか・・・・
ますます外房が遠くなりそうです(汗

2010/12/13  18:37

投稿者:ロコパパ
珍しいのゲットおめでとうございます。
個人的にはその2が気になりますね・・・(笑)
自分はお正月あたり久保田とか吉乃川の大吟醸でチビチビやりたいです。
もちろんツマミはヒラメの薄造りです♪

ランカーシーバスと座布団ヒラメ・・・写真見てアソコか〜とわかりました(笑)
あの場所だと相当タイミングが良くないと起こらない出来事ですね。
そんな時に遭遇してみたいです・・。

2010/12/13  8:52

投稿者:イギー
マトウダイおめでとうございます!
見た目はグロテスクですが食味は絶妙な一品ですよ
ね。
竿納めに釣りに行きたいのに体調が悪くて行けない
のでこのブログだけが楽しみです…

2010/12/13  6:10

投稿者:B.サーフ
マトウダイ美味そうですね。
身は淡いピンク色が入りヒラメと同じ。
アラは煮付けにすると最高。
特にマトウの皮の煮付けが激ウマです。
もう遅いかな?
捨てちゃった?

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ