2012/3/3

業務連絡その他  釣りのマナーとルール
 

こんばんは。管理人です。
つい先程、気の重い出張から戻りました。
深刻な人間不信に陥りそうです。
明日もまた、キナ臭い現場でバトルです。
しばらく釣りは無理かもしれません・・・。


それはさておき。

先日、当ブログの過去記事に、ある方から厳しいご意見を頂戴しました。
悪意の書き込みでないことはすぐに分かりましたし、ご指摘の趣旨には頷ける所がありましたので、私からもできるだけ真摯な気持ちでご回答申し上げました。
昔から何度も繰り返されている議論ではありますが、大事な論点でもありますので、ここにご紹介させていただきます。
(論点を明確にするため、管理人にて編集ないし加筆を行っています。)


・・・・・・・・・・
投稿者:○○○

はじめまして。

ネットで無差別にポイント公開する事をどうお考えですか?
場所取りや無闇な混雑、魚のつき場の破壊、そういった昨今の問題に直結する大きな原因のひとつだと思います。

私だけでなく房総の釣り人、釣り具屋さんのほとんどが、この様な公開を避けながら情報をやり取りしているという現状を熟慮して下さい。

何卒お願いします。

・・・・・・・・・・



当ブログの「釣り場風景」の記事を見てコメントを下さったようです。
これに対して、私からは次のようにお答えしました。


・・・・・・・・・・
投稿者:管理人

>○○○さん
はじめまして。ご意見有難うございます。

ご指摘の通り、釣り場周辺での迷惑駐車やゴミのポイ捨て、コマセによる汚染(磯焼け)などの問題は、一義的には釣り人のマナーの問題とはいえ、釣り雑誌やネットなどのメディアやクチコミで流れる各種情報にもその原因の一部があるということは事実だと思います。
以下、私の考えを述べさせて頂きます。

まず当ブログに記載しているポイントの大宗は、各種釣り雑誌や市販の釣り場ガイド等でも既に紹介されており、誰でも入手可能な公開情報の範囲内であると認識しております。
一般に知られていないと思われるポイントについては、当ブログでも紹介は控えております。

また、特定の釣り場が混雑する原因についてですが、これはもっぱら「今、どこそこで○○が釣れている」というリアルタイム情報が流れているためではないかと思います。
ネットや雑誌情報もそうですが、釣具屋さん情報や、釣り人の間のクチコミ情報も基本的には同じだと思っております。

私自身、当ブログの最近の釣行記ではポイントが特定されるような記述は極力避けておりますし、実際のポイントについては、信頼できるごく一部の友人にしか話しておりません。

いつも大変お世話になっている釣具屋さんにも一切報告はしておりません。
釣具屋さんに報告するということは、他のお客さんにも知られる結果となることが前提であり、釣具屋さんを介したクチコミネットワークには、インターネット並みのインパクトがあると思っているからです。

以上、簡単ですがご回答申し上げました。
大切な釣り場を守りたいという思いは全ての釣り人共通のものだと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・



これに対して、さらに次のようなご質問を頂戴しました。


・・・・・・・・・・
投稿者:○○○

早速のお返事傷み入ります。
管理人様が、良く考慮された見識や判断を持ってポイントの公開をされているのは、サイトからも窺い知れ、だからこそお節介なコメントを書き込み、ご意見を聞きたいと思った次第です。

誰でも知ることができるポイント、そうでないポイント、その線引きは何を持って判断されているのでしょうか?
リアルタイムな釣果ポイント情報は当然混雑やポイント破壊、トラブルを招きますが、無差別なポイント公開もまた然りかなと私は考えます。

ほとんどの釣り情報は代金や人との繋がりをもってして得るものであると私は考えているし、地元の先輩方からも教えられました。
私の知る釣り人の方々は、写真を撮る時も背景に気を使っています。

釣り人はみんな大事な釣り場を持っていて、それを共有し大切にするために細心の注意を払っているし、そうすべきだと考えています。
最も簡単でなんの代償もなく情報を得られるインターネットの無差別な情報拡散は、代金を支払う雑誌や航空写真のガイドより遥かに強力じゃないでしょうか?
釣具店さんは、それを生業にすることですでにかなりの代償を払って情報公開をしていると思います。

最後になりましたが、私の拙い意見に耳を傾け、丁寧に対応して下さったことに心から感謝致します。

・・・・・・・・・・



とても誠実なお人柄が伝わってきます。
私からの回答は以下の通りです。


・・・・・・・・・・
投稿者:管理人

>○○○さん
コメント有難うございます。

「誰でも知ることのできるポイント情報」の範囲ですが、私がイメージしているのは、市販の釣り場ガイドを数冊買って、さらに「磯○げ情報」などの釣り雑誌を定期購読していれば知ることのできる程度の一般的な情報です。
これに、「釣具屋さんで一見のお客さんが教えてもらえる情報」を加えてもいいかもしれません。
要するに、メディアや第三者を通じて、不特定多数の釣り人が入手可能な情報です。

一方、「一般に知られていない情報」とは、自分自身でせっせと現場に足を運んだ釣り人しか知らないであろう情報をイメージしております。

当ブログにおきましても、最近の釣行記では釣り場が特定されるような記述や画像は極力避け、情報管理には注意を払っております。
ポイント自体は誰でも知っているメジャー釣り場であっても、「今そこで何が釣れているか」は決して誰でも知りうる情報ではないと思うからです。

行きつけの釣具屋さんでも、「たまには帰りに寄ってくださいよ」と冗談半分で言われますが、釣果を持って立ち寄ると、気の弱い私は詳しく報告せざるをえなくなってしまいます。
そのため、大変申し訳ないとは思いつつ、いつも不義理をさせてもらっています。

もちろん、釣具屋さんの商売上、ある程度お客さんにサービスしなければならない事情は理解しておりますし、私もちょっと慎重になり過ぎかなあ、と思うこともあります。
しかしながら、そのくらい徹底しなければすぐに情報が広まってしまうという悲しい現実があることも事実です。

今回頂戴しました貴重なご意見につきましては、今後のブログ運営にもぜひ活かしていきたいと思います。
また何かお気付きの点がありましたら、お気軽にご指摘くださいますようお願い申し上げます。

どうも有難うございました。

・・・・・・・・・・



以上のような次第だったわけですが、当然ながら、どの意見が正しくてどの意見が間違っているかなどということは誰にも分かりません。
釣り人が10人集まれば、10通りの考え方があってしかるべきです。

今回のやり取りでも感じたことですが、釣り場を大切にしたい、末永く釣りを楽しみたい、釣りが大好きだ、という思いはすべての釣り人に共通のはずです。
枝葉末節の部分で自分と異なる考えや価値観を持っている人がいたとしても、いたずらに批判したり、否定したりすべきではありません。
そのような不毛な対立からは、忌むべき負の感情しか生まれません。

むしろ、多様性を許容し、理解し、尊重し、敬意を払うことが出来れば・・・・・
それが成熟した社会というものではないでしょうか。

事情によりしばらくブログの更新ができないかもしれませんので、今一番言いたいことを率直に書かせていただきました。



それではみなさん、
良い釣りをお楽しみください。

 
 

2012/3/8  20:53

投稿者:管理人
>よっちゃんさん
コメント有難うございます。
もしかしたら、既に現場でお目にかかっているかもしれませんね。
ちなみに最近の私は、へんてこなマイナーなポイントにぽつんと一人でいることが多いです。
お会い出来たときには、よろしくお願いいたします。

某ルアーショップですが、私もお世話になっています。
愛用のショアジギロッドも、実はここで取り寄せて頂きました。
私のような者が口にするのは大変僭越ですが、店主の釣りに対する姿勢もさることながら、経営者としての手腕にもとても興味をもって注目させていただいております。
勢いのある成長企業の匂いがします。

>ねずげんたさん
暖かいお言葉有難うございます。
さっぱり釣果の上がらないダメブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
尺メバルの件、来シーズンこそは頑張って仕留めたいと思います・・・・あれ?(笑)

>だっぺおさん
はじめまして。コメント有難うございます。
仰るとおりですね。
釣れるときはどこでも誰でも釣れるし、釣れないときは誰がどうあがいても釣れない。
私もそう思います。
私の座右の銘は、「釣りは腕じゃない、運だ」です(爆)。

2012/3/8  20:00

投稿者:だっぺお
いいね。
ポイントはとか言ってる奴は下手糞なんだよ。
何十年前?何百年前?から何百万人?何千何万人?が釣りしてると思ってるんだ。
どこは〇〇が釣れるXXの時期は何処がいいなんてのはわかりきってる。
いい場所などポイントマップみたいな本にほぼ網羅されてるし、ご丁寧に入り方や根や潮位も全部書いてる。

俺は外房は嫌いだからあまり行かないけど鴨川辺りから洲崎まで全部釣り歩いた。
ウェット着て原付で回りながら毎日毎日投げれそうな所釣りできそうな所は全部。
どこでも釣れるしどこも釣れない。
魚が居れば誰でも釣れるし魚が居なきゃ誰も釣れない。
場所を秘密にするような事はないと言う誰でもかわかってること。
今日釣れている今釣れていると言う時合いがわからなきゃいい。
まあ写真から、砂浜の質、磯の質や海藻の生え具合や種類で、何処ではないなくらいはわかるかな。

2012/3/8  15:16

投稿者:ねずげんた
こんにちは。いつもいつも「潮待小屋」に触発されて、釣りに行きたい!!食べてみたい!!飲んでみたい!!とうずうずしながら、疑似体験でお茶を濁しているねずげんたです。(笑)私は昭和53年以来内房から外房まで、年に2〜3回ながら堤防や砂場からの釣りを楽しんでいます。お書きになっている釣り場にも、もしかしたら立ち寄っているかも知れませんが、確信はありません。おそらくよほどマニアックな場所でないかぎり、ここで紹介されている釣り場は、房総で釣りをしようと思う人なら誰でも入手可能な情報だろうなと思います。それでもかなり配慮されてブログを書いておられる事がうかがえ、管理人さんのお人柄に好感をもっています。考え方は人それぞれで、良いも悪いも申し上げられませんが、管理人さんのお考えに共感する一人として、今回のことでどうか筆が鈍らないように祈ります。え〜と、尺めばるの朗報をお待ちしています。(笑)

2012/3/8  2:21

投稿者:よっちゃん
書込みさせて頂くのは2回目です。
管理人さんの考え方に共感することが多く、いつも楽し
私的には過度のポイント紹介などはないように思います。
どの釣り場紹介誌も載っている情報かと思うからですし
それに管理人さんの書込みや画像から、ポイントどこだろ〜とよく見ても・・・モザイクやらガードが固くてわからないです(苦笑)

最近注意深く見ているのは・・・フィールドでお見かけしたら是非お声掛けいたしたく・・・管理人さんのタックルやらグローブやら(ストーカーじゃないです・笑)
いつかお近づきになりたいとく拝見しております。
思ってます。

すこしズレます。見当違いであれば申し訳ありませんのですが、先に出てまいりました某ルアーショップに何度か行った事がありますが、一番気を遣っておられる事は、マナーとモラルの向上でした。
増える釣り禁止エリアを心配していました。
アドバイスは頂けますが、具体的な地名は出て来ないです

2012/3/7  23:54

投稿者:管理人
>izuさん
コメント有難うございます。
仰るとおり、私は私なりに、思ったことを率直に綴りながら、これからも続けていきたいと思います。
また釣り場でお会いしましょう♪

>ケニイさん
なるほど、酔いそうになったら食べる、ですか。
目から鱗です。有難うございます。
正直言うと、ジギング船に興味があるんですよね(笑)。
今年はチャレンジしてみようかな・・・・

>さすらいの釣り人さん
コメント有難うございます。
釣り場については、おおよそのエリアは分かるけれど、ピンポイントでは特定できないような記述にしているつもりです。
自分で試行錯誤してポイントを探していただく楽しみを残しておかないといけませんからね(笑)。
今後ともよろしくお願いいたします。

2012/3/7  23:31

いつも楽しく見ています。釣り場を無造作に紹介しているとは思えないし、ぶっちゃけ、ぜんぜんどこで釣れているのかわからないですけどね〜

あまり気にせず今後も続けてください。
寒くても釣りに行く気になるんです。

2012/3/7  23:20

投稿者:ケニイ
管理人さん、ありがとうございます。
アドバイスなんて、とんでもないです・・・。
余計なお世話で本当にすいません。

船釣りは面白いですよ、おかっぱりと同じくらい。
船長が魚のいるところまで連れて行ってくれるから集中できます。
また、四季折々の色々な魚や釣りに接することができます。
酔うときは内房どころか東京湾の奥地でも酔うと思うので、
ぜひ気になる船に乗ってみてください。

船酔いに関しては、慣れと酔い止め(アネロンが最強)で簡単に克服できます。
私は自分で車を運転して酔うこともあるくらい乗り物には弱いです。
初めて鹿島から船に乗った日が大うねりがある日で、
即死してその後沖あがりまで死体状態でした。
それでも数年たって、
去年は30回近く船に乗りましたが船酔いはゼロでした。
ポイントは船に乗ったら食うことです。
酔いそうになったら食う、これで酔いません。

2012/3/7  20:08

投稿者:izu
こんばんわ!
こればっかりは難しい問題ですね。
ブログは本来、書いている人の主観に基づいて綴ってますからね・・。
正に十人十色だと思います。

私は「かめやまこさんらしく・・・」で良いと思います^^
まずは、また釣り場でお会いしましょう♪

2012/3/7  6:15

投稿者:管理人
>ケニイさん
はじめまして。アドバイス有難うございます。
船釣りですか・・・・・
興味はあるのですが、実は私は滅法船に弱いのです(汗)。
今から25年ほど前、意を決して大原のヒラメ船に乗ったことがあるのですが、出航して30分とたたないうちにダウンしました。
それ以来、船には乗っておりません(泣)。
最近は良い薬があるらしいので、内房なら大丈夫かな?などとあれこれ考えてはいるのですが。

2012/3/6  23:24

投稿者:ケニイ
はじめまして、いつも楽しく読んでいます。
かめやまこさんのBlogでは定期的に出ている話題かと思いますが、
絶対の正解ってないので、大変ですよね。

余計なお世話ですが、かめやまこさんは船釣りはやらないのですか?
おかっぱりでの様々なうっとうしい問題は船釣りではほとんど起きないですよね(除く、漁業資源の問題)。
マナーの極端に悪い人の言動にいらだったり、
大人の配慮をしすぎて自分が釣りをできなかったり、
サラリーマンで週末しか釣りをできない立場の方が、
あんまり無理をすると楽しくないですよね。
船釣りは自分でポイントは探せない、選べないですが、
それでも魚を釣る楽しさって、
根本的には船でも陸でも関係なように思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ