2013/7/16

缶つまパーティー♪  ひとやすみ
 

最近お気に入りの「缶つま」シリーズ。
坊主釣行の帰りに、まとめて買ってきた(笑)。

まずは、絶対に美味しいに決まっている二品。
この食材を不味く料理することができたなら、ある意味快挙である。

クリックすると元のサイズで表示します


続いて、私の好きな貝類二品。
牡蠣やムール貝もあったが、私はちょっと苦手だ。

クリックすると元のサイズで表示します


そして、極めつけがこちら。
琵琶湖産「稚鮎」の油漬け。

クリックすると元のサイズで表示します


稚鮎の加工食品なんて、初めて見た。
これまで、釣らなければ食べられない珍味と思っていたが、必ずしもそうではないらしい(笑)。


洋風の魚介料理に合わせるお酒といえば、一般的には冷やした白ワインかもしれないが、あまのじゃくな私は敢えてこんなお酒をチョイスする。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
愛媛:首藤酒造の「寿喜心純米にごり/あいのゆめ」


私の大好きな「夏のお酒」、発泡酒。
すっきりした酸味と甘味が、存在感を主張する。
いや〜、魚は釣れなくても、シアワセシアワセ♪(笑)



ところで、現在、黒潮がこんな風に離れてしまっている。

クリックすると元のサイズで表示します
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/kaikyozu/KantoTokai.asp?y=2013&m=07&d=16&n=3&tn=01 より引用


今後の本命夏魚の接岸に影響があるのか、ないのか。
気にしてみたところでどうにもならないのだが・・・
でも気になる。

  

2013/7/17  19:34

投稿者:管理人
>rickeyさん
缶つま、いいですよね。
侮りがたしです。
缶つまにひと手間加えたレシピ本もあって、本当に美味しそうです。

2013/7/17  19:28

投稿者:管理人
>びっちゃさん
オイルサーディンにもあたりはずれがあるのですね。
なるほど。メモメモ!

2013/7/17  9:19

投稿者:rickey
かめやまこさん、おはようございます。

缶ツマ大いに結構じゃないですか(^^)
実は先日御大とコバ師匠とサーフさんとで夜会をした時に定番の秋刀魚の蒲焼・イワシの蒲焼・鯖の味噌煮の缶ツマを持ち込んだところ大変受けました。(^^)
現場では如何に手間を掛けずに・・・なんて事を考えるとベリーグッドでした。
缶ツマ侮りがたしです。

2013/7/17  0:15

投稿者:びっちゃ
オイルサーディンはキングオスカーが一番好きですね。
最近は輸入物の安い奴がありますが、中にはがっかりさせられるものもあります。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ