2014/8/31

天翔ける童心  コラム
 

矢口高雄氏の版画展に行ってきた。


クリックすると元のサイズで表示します



氏の代表作「釣りキチ三平」は、私にとっての釣りのバイブル。
連載開始から40年以上経った今でも、「釣りキチ三平」を超える釣りの教科書は、この世に存在しないと思っている。

漫画の中の三平と同世代だった当時の私は、自分と三平をだぶらせ、三平が「O池の滝太郎」編で初めてベイトタックルを手にしたときには、自分も貯金を全部はたいて三平と同じタックル(ダイワのジェットベイトとミリオネア)を手に入れ、近所の野池にいた大きな雷魚に「滝太郎」という名前を付けて狙ったものである。


クリックすると元のサイズで表示します
「釣りキチ三平」連載開始40周年記念の画集「矢口高雄の世界〜天翔ける童心」


大人になったら魚紳さんのようなカッコいい釣り人になりたいと本気で思っていた私だが、残念ながらこの歳になっても未だ初心者の域を出ることなく、迷走の日々。
我ながら、実に情けない。

せめて魚紳さんや一平爺さんの語る釣りの心得を胸に刻み、釣り人としての矜持だけはしっかり保っていたいと思う今日此の頃である。


   

2014/9/1  22:14

投稿者:管理人
日本の釣りの生き字引のびっちゃさん、こんばんは。
西山さんともお知り合いだったのですね。
日曜日には矢口先生のサイン会があったのですが、残念ながら所用で行けませんでした。
画集にサインを頂きたかったなあ・・・(泣)

2014/9/1  22:10

投稿者:管理人
しらすじがーさん、こんばんは。
ジェットキャストは、クローズドフェイスリール対応のライトアクションのロッドだったと思います。
ベイトリールには、やや強めのアクションのジェットベイト。
三平が使用していたのは、ジェットベイトです。

2014/9/1  21:00

投稿者:びっちゃ
サーモンダービー編で、通行人として登場したびっちゃが来ましたよ♪
たまにテレビで拝見しますが、矢口先生もずいぶん丸くなられましたね〜。
あ、体つきじゃなく、心がです(笑)
もう亡くなられましたが、ザ、フィッシングに最初のころ出ておられた西山さんが大変気まじめで、魚紳さんみたいな人でした。

2014/9/1  20:19

投稿者:しらすじがー
もしかしてジェットキャストではないですか?
私小学生の時ベロンベロンの安い方を使ってました。
スーパーストライクとアンバサダーが憧れでした。

2014/9/1  12:55

投稿者:管理人
rickeyさん、こんにちは。
あの頃、お年玉や親から貰った小遣いは、ほとんど釣りに使っていましたねえ・・・
それは今でも変わっていないかもしれません(笑)。

2014/9/1  8:30

投稿者:rickey
かめやまこさん、おはようございます。

「釣キチ三平」ドンピシャでしたね〜ど田舎で育った私は安いセット物を持って近くの野池で小魚釣って一喜一憂したことを思い出しました。
その後池澤さとしさんのサーキットの狼にのめり込み村上もとかさんの赤いペガサスにはまり、スーパーカー世代のカーキチへと順調に進み現在に至っております。
私、きっとのめり込みやすい性格かも(笑)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ