2016/5/29

 

昨シーズン幾つもロストして在庫の少なくなった愛用のジグを補充するため、釣具屋さんに出掛けた。

いつものお店に到着すると、何かイベントをやっている。
ルアー関連メーカーの展示即売会らしい。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ひと通り見て回ったが特に欲しいものはないので、お目当てのジグを探しに通常商品の売り場へ向かった。
しかし・・・あれれ?
おかしいな。ヨーヅリの「ブランカ」が見当たらない。
商品の陳列場所が変わったのかと店内をぐるぐる回ってみたが結局見つけられず、手ぶらで帰るのもなんなので、青物対応のヘビーシンキングミノーを2個買って店を出た。
これは次回の釣行で試してみよう♪


クリックすると元のサイズで表示します


とはいえ、お目当てのジグはやはり必要である。
イベントで賑わうお店を後にして、次のお店へ向かった。

やってきたのは某リサイクルショップ。
M店長が異動になってから足が遠のいていたが、ここに「ブランカ」があることは知っている。
そして、私以外誰も買わないことも(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


最も使用頻度の高い60gを4個ゲット。
標準装備のトレブルフックは要らないので取り外し、フロントアシスト仕様(状況によりリアにシングルフックをプラス)で使う。
これで今シーズンもバッチリだ♪

リアウエイトでウオブリングアクションのスイミングが秀逸な「ブランカ」と、センターバランスでダート&フォーリングアクションのアピール力MAXの「ヒラジグラ」。
この二つがあれば、とりあえず私のイメージする釣りは成立する。
他のジグも使うことは使うが、結局はこの二つのジグの延長線上で使い方を考えている。

新興ルアーメーカーが元気なのは大変結構なことであるが、一方でトラディショナルなルアーが次々と店頭の片隅に追いやられ、あるいは姿を消していく状況には危機感を覚える。
それは例えて言えば、本屋の店頭から岩波文庫が姿を消すようなもの。
大変残念なことである。

   

2016/5/30  6:44

投稿者:かめやまこ
キャロルさん、おはようございます。
私も電車の中ではスマホでニュースです。
アセアセ(^_^;)

2016/5/30  6:42

投稿者:かめやまこ
rickeyさん、おはようございます。
ジグのウエイトはあくまでタックルとのバランスで選んで下さい。
60gのジグをフルキャストすると相当な負荷がかかりますので、シーバスロッドでは厳しいです。
あとは、ティップの反発で投げるのではなく、先日お話ししたペンデュラムキャストで胴の反発を利用して投げれば飛距離が出ます。

2016/5/29  23:39

投稿者:キャロル
 かめやまこさん
 最近は、書店の経営がたいへんなんでしょうね。岩波文庫を置かない本屋が増えていますし、岩波文庫そのものも、絶版になっているものが増えています。そういえば、30年以上も前ですが、田舎から東京に出てきて大学生の頃、電車の中で本を読む人が多いことに驚いたことがあります。それに学び、私も電車の中で岩波文庫の古典を読むようになりました。最近は、ほとんど電車の中で、みなさんスマホですよね。一概に否定するつもりはありませんが、歴史的にどういう結果を招くことになるのか、考えなければいけないかと。

2016/5/29  21:48

投稿者:rickey
かめやまこさん、こんばんは。

ブランカ私もストックあります。
但し40gですけど(^^)
今度60gも仕入れておきます。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ