2016/12/4

ヘビーシンキング・ミノー考  
 

最近お気に入りのヘビーシンキング・ミノー2種。
シマノの「スピンドリフトAR-C110HS」と、DUOの「ビーチウォーカー・ファルクラム」。
私のシーバス・ヒラメ用先発ミノーBOXには、いつもこの2種が入っている。

「スピンドリフトAR-C110HS」のスペックは、110mm、32g
ヘビーシンキング・ミノーには珍しい重心移動システムを搭載し、その飛距離は圧倒的!


クリックすると元のサイズで表示します
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/2986


「ビーチウォーカー・ファルクラム」は、95mm、31g。
こちらは固定重心仕様でスピンドリフトほどの飛距離は出ないが、側面のフラッシングによる強烈なアピールが魅力。


クリックすると元のサイズで表示します
http://duo-inc.co.jp/saltwater/beach-walker/beach-walker-fulcrum/


どちらも、通常スピードのただ巻きでよく泳いでくれるルアー。
一世代前のヘビー・シンキング・ミノーは高速リトリーブしなければまともに泳がないものが多く、ジャークによるヒラ打ちを織り交ぜたテクニカルな使い方を強いられたが、最近のものは誰にでも使えるように劇的に進化している。


他にも、DUELの「ヘビーシンキングミノー110S」(110mm、35g)や・・・


クリックすると元のサイズで表示します


アイマの「サスケ100HS裂砂」(100mm、30g)などを試しているが、どれも良く出来ていて、使ってみて全くストレスは感じない。


クリックすると元のサイズで表示します


どれを一軍BOXに入れるかは、個人の好み次第だろう。


旧世代に属するルアーのメーカーも、ただ指をくわえてこのトレンドを見ているわけではない。
名作ながら、使いこなすためにはそれなりのテクを求められるジャクソンの「ピンテールチューン40貫通」(120mm、40g)が・・・


クリックすると元のサイズで表示します


通常速度のただ巻きでもしっかり泳ぐ「ピンテールEZ」(115mm、45g)に進化。
誰でも簡単に使えるルアーになった。


クリックすると元のサイズで表示します
http://jackson.jp/products/detail/?products_id=104


ショアジギングロッドでも扱えるウエイトなので、私も青物狙いの釣行で何度か使ってみた。
しかし、使い手が能動的にアクションを加えるメタルジグの釣りと、ただ巻きでルアーが勝手にブリブリ泳ぐ釣りとのギャップが大きすぎて違和感があり、結局、すぐに使わなくなった。
良く泳ぐルアーが必ずしも万能というわけではなく、狙うターゲットや、個々人の釣りのスタイルに応じて、それぞれ適した特性のルアーがあるということなのだろう。


それはそれとして・・・
ああ〜、釣りに行きたいっ!(^^;)

    

2016/12/6  21:18

投稿者:かめやまこ
rickeyさん、こんばんは。
ルアーは、魚さえいれば釣れるのです。
釣れないのは魚が居ないから。
魚の居場所を見つけることにエネルギーを集中すれば、劇的に釣果は変わります。
でもそれは、どこかで釣れている情報を仕入れて後追いすることではありません。
それでは遅すぎて釣れないんです。
この辺りが難しいところです。

2016/12/6  6:30

投稿者:rickey
かめやまこさん、おはようございます。

ルアーは今まで獲物を捕らえたことがないのでどうも自分にはセンスがないのかも(::)
ジグは何とか今年チビすけでしたが結果が出たので何とか望みを繋いでいます。
やはり難しい釣りですね。

2016/12/5  20:57

投稿者:かめやまこ
びっちゃさん、こんばんは。
こちらも海水温が急激に下がったので、暖流系レア青物は終了の気配です。
(T-T)
今ひとつテンションが上がりません・・・

2016/12/5  14:19

投稿者:びっちゃ
ヘビー系のリップミノーではあまり良い結果出してないんですよね〜。
私は、リップレスの方が実績ありです。
ヘビーではないけど、ワンダーでは釣りまくってます。
追い風でしたら、かなりの飛距離でますしね。
ただ今、過去に失敗して購入したヘビー系をリップレスに改造中です。
もう根魚はノルマ達成しましたので、年明けまでは青物1本で行きたいと思います。

+

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ