2017/12/24

嬉しい外道  釣行記:Iその他


仲間のヒラメ釣果に刺激されて、連日の出撃。
やっぱり、行かなきゃ何も釣れないよね(笑)。
サイズの贅沢は言わないので、とりあえずこの冬最初の一枚をゲットしたい。


◇◇◇◇◇


遠浅サーフでホゲった反省を踏まえ、やってきたのは水深のある某ポイント。
最近アジが釣れていないせいか、先客はいない。
ここはハードボトムと砂地が入り混じり、ベイトが入れば高確率でヒラメの実績がある。

タックルは、今回も使い慣れたセッティングで。
タイドマーク・アルテサーノ・エヴォルティア107/09に、4000番のハイギアリール。
ラインは、大型シーバスが掛かることも想定して、念のためPE1.5号にナイロンリーダー30ポンド。


クリックすると元のサイズで表示します


朝まずめ。
日の出とともにキャスト開始。
ハードプラグで沖目を探ったが反応がないので、ルアーをシャッドテールのワームに替えて足元のボトム付近を探ってみる。


クリックすると元のサイズで表示します


海中には木っ端メジナが群れているが、こいつらはヒラメのベイトにはなりそうにない。
今日も空振りかなあと思いながら、足元まで引いてきたルアーを回収するため巻き上げていると・・・

突然、竿先がズドン!と真下に引き込まれた。
うわっ!なんだなんだ?!

ドラグがジージーと音をたてる。
竿尻を腹に当て、ロッドを伸されないように体勢を立て直す。
このパワーはヒラメじゃない。
これまでにも、泳がせ釣りの仕掛けを幾度となくぶち切っていったUMA。
昔はサメにやられたものとばかり思い込んでいたが、実は違う。あの魚だ。

ラインが細いので、無理はできない。
幸い、使い慣れたロッドで限界も分かっているので、ドラグを微調整しながら少しずつ寄せてくる。

やがて水中に姿を現した魚。
ギラリと反転したときに見せた体側には黄色いライン。
間違いない。ヒラマサだ!
絶対獲りたい!

ずり上げられる足場ではないので、ランディングは慎重に玉網で。
先日ロッドを折ったときの悪夢が脳裏をよぎる。
あの時の魚と同じくらいのサイズだ。

最後はおとなしくネットに入ったヒラマサ。
ウエイトは計っていないが、全長77cm。
今年一番の一本!嬉しい!
外道だけど(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに、キャッチした魚には鰓蓋の後ろに痛々しい傷跡があった。
釣り人なら、何の傷かすぐに分かるだろう。
誰かがプラグで掛けて、バラしてしまったのだ。
もしかすると、しばらくの間プラグをぶら下げて泳いでいたかもしれない。
ヒットさせた魚は責任を持って確実にキャッチしなければと、あらためて思った。

さすがに用意していたクーラーボックスには入らないので、現場ですぐに内臓を抜き、魚が傷まないうちにコンビニで買った氷と一緒にゴミ袋に入れて、ダッシュで帰宅。
ヒラメ狙いはまた次回。


◇◇◇◇◇


帰宅後、さっそく下処理に取り掛かる。


クリックすると元のサイズで表示します


カマから腹身(トロ)の部分。
大胆に切り取って、塩焼き用に。


クリックすると元のサイズで表示します


用途別に切り分けた身は、なるべく空気に触れさせないようにフリーザーバッグに入れて、冷蔵庫へ。


クリックすると元のサイズで表示します


一仕事終えて一服。
まだお昼だけどビールで乾杯♪


クリックすると元のサイズで表示します


プハー!
美味いねえ!(//∇//)
料理編はまた後ほど。


◇◇◇◇◇


それでは皆さま。
良いクリスマスを!(^ ^)


クリックすると元のサイズで表示します


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
タグ: 釣り

2017/12/25  1:12

投稿者:kiyono
おめでとうございます。こんな小さなワームを喰ってくるんですね〜。
羨ましい。

2017/12/25  0:27

投稿者:キャロル
 かめやまこさん
 私、気絶しそうです。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ