2021/8/25

クロマグロ遊漁規制について(メモ)  コラム
 
8月20日に突然告知されたクロマグロの採捕禁止。


クリックすると元のサイズで表示します


「え?いきなり明日から?」と驚かれた方も多いのではないでしょうか。
以下、私がSNSで呟いたコメントを備忘のために記録しておきます。
(後日、論点整理します。)



8月20日

遊漁者(釣り人)によるクロマグロの採捕が明日から全面禁止になります。
30kg未満採捕禁止になったときから予感はしていましたが、思ったよりも早い展開でした。

国際会議で認められた日本の年間漁獲枠9000トン弱に対して、遊漁による漁獲量は20トン程度と言われています。
資源管理の最終手段としてここに手をつけなければならないほど逼迫しているというのであれば理解もできますが、もしそうなら、その前にもっとやるべきことがあるように思います。

巻き網漁による若魚の混獲対策や産卵期のマグロの禁漁など、合理的でより大きな効果の期待できる対策を尽くした上で、全体に占める割合は僅かではあるものの、遊漁者及び関連業界にも並行して相応の負担を求めるというのが、あるべき順序だと思います。

そうでないと、漁業者の漁獲枠を増やすために、単に組織力の弱い遊漁者から強引に20トン分をとり上げただけの、まるでジャイアンのような施策になってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



8月24日

(キャッチアンドリリースも禁止という水産庁の説明を受けて)
漁業者の利益を守るための規制。
打撃を受ける釣り関連業界の利益は考慮されていません。
縦割り行政。


クリックすると元のサイズで表示します



8月25日

調べれば調べるほど疑問が湧いてくるクロマグロ遊漁規制。

キープ禁止にとどまらず、わが国の漁獲枠には影響を与えないはずのキャッチアンドリリースまで禁止するのは何故か。
また、本来は漁業者間の調整の場であり主に漁業関係者によって構成される漁業調整委員会に、現に漁業者との利害の対立が生じている他者(遊漁者)に対する行動制限の「指示」を出させることは適切なのか。その公正性はどのように担保されているのか。

その疑問に対する答えは、クロマグロ遊漁規制が審議されたという7月29日の委員会議事録にあると思ったのですが、水産庁のHPを見に行っても、まだ公表されていません。
議事録には各委員の発言が原則そのまま記載されるので、万が一プロセスの瑕疵や制度の欠陥のおそれ(国民の権利を制限する規制の導入を、公益の観点ではなく漁業者の利益の観点から審議しているなど)があれば、第三者による客観的な検証も可能になるはずです。

各方面への忖度無くありのままに公表されることを期待します。



クリックすると元のサイズで表示します



◇◇◇◇◇
↓いいねボタンがありませんので、よろしければ代わりにこちらを
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
◇◇◇◇◇
過去記事の検索は、PC版画面に切り替えて頂くと便利です(スマートフォン版画面下部の「PCview」ボタンで切り替えられます)
◇◇◇◇◇
インスタグラムは(ほぼ)毎日更新中(MENU→リンク集からジャンプできます)
◇◇◇◇◇

2021/8/29  9:52

投稿者:管理人
>ちょろ松さん
次の投稿で論点整理しました。
やっぱり色々とおかしいです。

2021/8/27  0:28

投稿者:ちょろ松
かめやまこさんこんばんは。連投恐縮です。
色々と不審な点は多いのですが、やってることや構造の根っこの部分は国(クロマグロ)も自治体(タコとかサザエとか)も変わらないなーと思います。そりゃ居付きと回遊の違いは大いにありますが、こちらが思うところはもっとマシなルール作れよと日々思うばかりです。

2021/8/26  18:01

投稿者:管理人
>rickeyさん
こんばんは。
その後私なりに調べてみましたが、データはあるんです。
問題は、誰のための規制かということと、その決定過程の透明性。
後日あらためて整理のうえご説明します。

2021/8/26  17:52

投稿者:rickey
かめやまこさん、こんばんは。

今回の愚策はなにやらただならぬ匂いがしてなりませ
ん。政策の決定に纏わるプロセスに数字的裏づけがあっ
て規制をかけるなら分かりますが、どうも違うような政
府の分科会のどこぞの教授たちは皆文系の方たちばかり
この手の方たちの論法は感情論に傾いているような各省
庁の方たちも文系の方たちが占めているような(−−)
きちんとした統計・数学的な裏づけなどデーターの開示が
求められると思います。
役人が我が物顔で政策決定に持ち込むなど言語道断で
す。
沖の定置網や底引き網などで一網打尽で取れてしまった
ものの処遇に不満が出ます。
海に生きる生物たちの数、何方が統計出しているのでし
ょう。
根拠は何処に?
議員先生たちはなにやっているんでしょう。
役人の書いた絵図を鵜呑みにしてやっているんでしょう
ね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ