2005/4/29

守谷・「荒熊の磯」への道  釣場風景:C守谷〜興津
 
GW直前スペシャル第3弾は、守谷の「荒熊の磯」。
外房で最もお気軽に入ることのできる地磯。
釣りをしているすぐ後ろに、磯遊びの親子連れがやってきたりする(笑)。
磯釣り初心者には最適。

クリックすると元のサイズで表示します
荒熊の磯への入り口は、守谷漁港奥の駐車場。
車から降りてすぐ右側の磯に設置された遊歩道を、「←守谷洞窟」の標識に従って歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
するとすぐに、この洞穴が見えてくる。
ここが、ファンタージェンへの入り口。


クリックすると元のサイズで表示します
穴を抜けると・・・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
そこはもう、広大な「荒熊の磯」。


クリックすると元のサイズで表示します
後ろを振り返ると、今出てきた穴がぽっかりとあいている(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
磯の左側のポイント。
一段高くなっているので、波の高い日にはここに陣取ると良い。
夜釣りのアジのポイントでもある。


クリックすると元のサイズで表示します
磯の左側のポイントから、正面の島を望む。


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは磯の右側の岬の先端。
荒熊の磯の一番人気のポイント。
すぐ足元がポイントなので、不用意に覗き込まないこと。
払い出しの流れに仕掛けを乗せて、手前から沖に向かって広く探ってやると良い。


クリックすると元のサイズで表示します
右側のワンド内もいいポイント。
カジメが茂っているので、軽い仕掛けで。
すぐ隣(写真右奥)は、センヅツの磯だ。



荒熊の磯は誰でも気軽に入ることのできる磯であるが、海が荒れた日には磯の上まで波に洗われる。
決して甘く見ずに、ライフジャケットとスパイク(orフェルトソール)ブーツを必ず着用のこと。

 
 

2005/4/29  13:04

投稿者:びっちゃさん
(ノД`)うるうるうる。
画像見てると懐かしくなった。
毎週通っていた所だもんね。

2005/4/29  11:11

投稿者:なみへいさんへ、管理人さん
磯遊びは、波の穏やかな日限定!
小学校中学年以上推奨。
磯の先端に立つと当然ながら危険なので、保護者は絶対に目を離さないように気をつけて。
保護者自身が磯に慣れていることが条件。

2005/4/29  10:29

投稿者:なみへぃさん
この洞窟はチビっ子の冒険心をくすぐるね。でも危なそうだけど。

2005/4/29  8:42

投稿者:めっきさんへ、管理人さん
夜アジはカゴ釣りで向かい側の島との間を探りますが、春先は手前に海藻が茂っているので注意。海藻が切れる夏以降が釣りやすいです。
昼はウキフカセ釣りでクロダイを「狙うこと」が出来ます。
そう、「狙うこと」が。
コッパメジナと豆シマアジはうじゃうじゃいますが・・・。

2005/4/29  1:32

投稿者:めっきさん
自分でも行けそうです(^ー^)
そのまえに靴とライフジャケット買わないと・・・
夜はアジですか。
明るいうちはやはりクロダイでしょうか?

2005/4/29  1:11

投稿者:うっかりさんへ、管理人さん
最近、ビデオを借りて娘と一緒に見ました。
やっぱり名作ですね!

2005/4/29  0:56

投稿者:うっかりさん
ファンタージェンですか。
そういえば、でっかい亀が出てましたね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ