2004/4/3

興津「外堤」  釣場風景:C守谷〜興津
クリックすると元のサイズで表示します
<外堤先端部>
興津湾の南側出口にある通称「外堤」。
先端から正面方向は潮通し抜群で水深もあり、クロダイ、メジナ、朝夕のまずめ時にはアジが狙える。
夏から初秋にかけては青物(シマアジ、カンパチなど)、冬場はサヨリの回遊も見られる好ポイント。
前方右方向に向かって遠投すれば、イシダイもあがる。
堤防手前の右側(沖側)は水深が浅く、根掛かりしやすいので、この釣り場に慣れた人向き。すいている平日に堤防の上を歩きながら仕掛けを流すと、中メジナの数釣りができる。
なお、海の荒れた日には波をかぶり、危険なので立ち入らないほうが良い。

昼夜を問わず多くの釣り人が訪れる人気釣り場だが、それだけにマナー(場所取りやゴミの放置など)には気をつけたい。
また、堤防の周りに入っているエビ網に仕掛けを絡ませないように十分注意しよう。

 
クリックすると元のサイズで表示します
<「外堤」曲り角の溝>
外堤曲り角と離れ堤の間を通る深い溝。
ここに、良型のクロダイやメジナが溜まっていることがある。
流れが速く根掛かりしやすいので、軽めの仕掛けで流してやるのがコツ。

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<「外堤」内側の小堤防>
験潮所のある小堤防も、意外といいポイント。
アオリイカも釣れる。
水深はあまり無く、春先はホンダワラなどの海藻が水面まで茂るので、釣りは難しくなる。

 
クリックすると元のサイズで表示します
<ヒジキ島方向を望む>
「外堤」の南側には、春の大潮の干潮時には水面上に顔を出す浅い広大な岩礁帯が広がっており、ウエーディングでヒジキ島、椎島などの根に渡ることができる。
ドライスーツに身を固めて突入していく気合の入ったルアーマンの姿も見られるが、椎島方面には途中に人工的な溝が1本掘られており、気をつけないと「ずぼっ」とはまる。
単独釣行はやめよう!

※夜中にドライスーツ着て歩いていると密漁者に間違えられるので注意!
 
 
 


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ