スキレットでごはん♪

シーカヤックで沖釣りチャレンジ。イナダ、ショゴ、メジ、サワラにハガツオ、アオリイカ。自分の釣った魚をアウトドアクッキングしたい。かくして今週も繰り返されるダメダメ釣行記なのです。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ほげた
モアナさん、名言でしょう?(笑)
実はポールクイネット著「パブロフの鱒」からのバクリです。
釣り人はなぜ鱒釣りにハマるか、という視点から書かれたとっても面白い本ですよ。
投稿者:モアナ
「釣り人にとって糸は希望」
全く同感です。

http://blogs.yahoo.co.jp/moanafishing
投稿者:ほげた
観察長さん、クーラーに入りきらないような奴を一度でも釣って大量のアドレナリンがドバッと体中を駆け巡る体験をしてしまうと、次からはただジャークしてるだけで少量の脳内麻薬がダラダラ分泌されるようになってしまうのですよ
これはもうジギングジャンキーですねウッシッシ汗

Kさん、います!
このポイント、水深は浅いけど、陸からはちょっと遠いよ
投稿者:team K・EのK
>釣果はアタリが1回と、海面までジグを追ってきた魚影2尾を見ただけ。

居るんですね!何かが!!
これは次回は気合い入りますね!

http://yokohama.naturum.ne.jp/
投稿者:双子観察長
>「釣れましたか?」

そうそう、カヤックってパッと見、すんげー装備で釣れそうな感じなんで、ホゲッたときの陸上がりは声かけられると辛いものがあります(^_^;)

ちなみに僕はシャクっててもすぐ飽きるタイプです(^_^;)

http://blog.goo.ne.jp/futago_papa
投稿者:ほげた
shu師匠、それにしても8時間はごっついですね(笑)
投稿者:ほげた
nobuさん、そうそう、そうなんです
魚釣りのロマンって海の中が見えないところにあると思うんです
たった1本の細い糸を通して伝わってくる情報を元に、想像力を膨らませて海の中を探る
想像力、そして洞察力の遊びなんです
そして釣り人に取って糸は希望
来るか来ないか分からない魚のアタリを期待して何十回、何百回とジャークを続ける
もう来ないと諦めてしまったらそんなしんどいことはとてもできないでしょう
次の1投で来るかもしれない、いやきっと来る
たとえ来なくても次こそは来るに違いない
そう信じているからこそ何時間もジャークし続けられるのでしょう
細い糸の先につながっているのはまさしく釣り人の希望に他ならないのです(笑)
投稿者:Shu
そうそう、で、気が付くとノーバイトで8時間過ぎ
ていたり・・・よくありました(笑)。

ビバ!梅雨入り!シクシク・・・

http://blog.livedoor.jp/faithischoice/
投稿者:Nobu
毎投、毎投、毎回、毎回ジャークするたびに、ジグが魚に見られてるかも?
次のシャクリで食いつくかも?
止めるといいか?
アワセをしっかりとしないと!
って考えながら釣りするの楽しくてたまらないですね。

http://blog.goo.ne.jp/seamamal
投稿者:ほげた
楽しく遊んできたはずなのに

 「釣れましたか?」

の質問に答える時だけはちょっとブルーになってしまいます。(笑)
1|2

ほげたのProfile

 2004年の秋、初めて乗ったヒラメ船で初ヒラメ2枚ゲット。以来、すっかり沖釣りにハマってます。2年目は初ワラサゲット。3年目はカヤックからのジギングを覚えてサワラ、メジ、ハガツオをゲット。4年目はフネをグリーンランドタイプのシーカヤックに換えて、今年もロハスな青物釣りに挑戦中。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ