Diaries of Ghosts

忘却の川へ流れ去る諸々をしばしこの岸辺に繋ぎとめて..日記についての日記、もしくは不在の人への手紙。

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イネムリネコ
ドリーム・シアターは私も『images&words』から聞き続けているのですが
アメリカのメタルもレベルが高くなったなと当時はびっくりしました。
でも初めてライヴを見たのは、4年位前のTrain of Thoughtツアーです。
cometさんは結構早くに、彼らのライヴを体験されているんですね。

彼らは、周辺の音楽をよく聴いて、よく勉強していますよね。
その点はスティーヴンさんと似ています。
DVDの副音声のコメントを聞いていても、
自分たちの参照元のグループ名がポンポンと出てきます。

たしかに、「オクタヴァリウム」での原点回帰で、
彼らの音楽も一応煮詰まったような感があって
さてその後どうなるんだと思っていたら、
新作の「Systematic Chaos」ではまた同じような過去の焼き直しにしか聞こえなかったので、
これからの新機軸に期待、といったところでしょうか。
投稿者:comet
Dream Theaterは一度ライヴに行った事あります。
確か中野のサンプラザだったかな?
ヴォーカルがJames LaBrieに代わった時だったと思います。皆さんテクニカルで驚きました。
聞けばバークリー音楽大学に通っていたそう。
アメリカのプログレッシヴ・メタル・バンドってどうかな?なんて先入観があったんですが、機密な音で素晴らしかったです。
コンセプトアルバムを次々に出したようですね。

巧いからこそ、完璧な音作りに向かっていこうとする、それは素晴らしい事なんですが、かえって音が詰まり過ぎて私には疲れる音楽になりました。
設計図通りに完璧な建造物を作ってしまったような・・・もう少し遊び心が欲しいかな?
しかし、アメリカのプログレの偏見は彼らによって、なくなった事に感謝です。

http://cometopeth.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ