Diaries of Ghosts

忘却の川へ流れ去る諸々をしばしこの岸辺に繋ぎとめて..日記についての日記、もしくは不在の人への手紙。

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:イネムリネコ
SANEさん、ようこそお越しくださいました。
Marillionで辿り着いていただいて嬉しいです。

Marillion、ヨーロッパでの人気に較べて日本では知名度がいまいちなので
来日という点では第2のRUSHになってしまわないか心配です。
一人でも多くの日本人に聞いていただきたいアルバムです。
独特の質感(湿感)と侘び寂び具合は日本人好みだと思うのですけれど。

SANEさんのブログ、音楽のレビューが充実していて感心しました。
またゆっくり拝見させていただきますね。

投稿者:SANE
はじめまして、SANEと申します。
Marillionの新譜で検索してこちらに来ました。
素晴らしいアルバムでよく聴いています。
アルバムのアイディアをこちらで初めて知ることが
できて感謝しています。ボクもプレ・オーダーした
のですが締切りに間に合わなかったのでブックレットには
名前がクレジットされませんでした。

仰るとおりボクも今のMarilionはホガースあっての
音楽を作るバンドになっていると思います。

ボクのブログでもMarillionについて書くことがあるので
よろしければ立ち寄ってみてください。

http://blog.livedoor.jp/de_vision12bell/
投稿者:イネムリネコ
そうですね。
volume1とvolume2は一応別の作品なのですが、
いつも通して聞いていると、どちらか一方だけでは
どこか物足りない感じもしますね。
決して派手な作品ではないのですが、
ある種の精神安定剤としての効用もあるみたいですよ。

投稿者:comet
やっぱり!
私はつい最近やっと2枚目の
volume2“the hard shoulder”を購入しました。
1枚目欲しかったのですが、お店に無くって・・・
楽しみが先に延びてしまったけど、絶対に良い作品だと、こちらに伺って確信しました。
ありがとうございます。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ