2022/5/3

サメ  サメ

クリックすると元のサイズで表示します
中新世

クリックすると元のサイズで表示します
白亜紀

クリックすると元のサイズで表示します
中新世
貝の一部かノコギリザメの吻棘?
1

2022/2/21

アンモナイトと恐竜時代の生物  白亜紀

福岡さんの本(@16,500)、予約しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4月頃届く予定のこと。楽しみにしています。
0

2022/1/15

Aセンター  サメ

クリックすると元のサイズで表示します

皆さんが色々な化石を採っているなか、私は悪戦苦闘。
何とか1本採れました。
クリックすると元のサイズで表示します
歯の先端が割れ、何とかみつけました。
もう一方の副咬頭は歯根とともにたたいて破壊してしまったようで、
ありません。
0

2022/1/2

セコマに行ってきました。  その他

北海道コンビニとして知られているセイコーマートに行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、埼玉にもセコマがあるんです!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/1/1

謹賀新年  その他

クリックすると元のサイズで表示します

旧年中は、コロナ禍でなかなか巡検ができる環境ではありませんでしたが、
三葉虫などを採りました。
クリックすると元のサイズで表示します

今年は日本全国を巡り探索して行きたいと考えてみます。
今年もよろしくお願いします。
2

2021/12/18

千葉巡検5  その他

最後は、チバニアンの地層見学。

クリックすると元のサイズで表示します
上総層群国本層(約77万年前)

クリックすると元のサイズで表示します
下部の赤の四角が磁極逆転(北極と南極が、逆)
中部の黄の四角が磁極遷移中
上部の緑の四角が現在と同じ磁極

下の最上部の赤の四角からチバニアンだそうで、
そこから地軸が逆転して現在の状態になるまで連続して観察できる地層で、
同時期に噴火していた御嶽山の火山灰がキー層となっているとのこと。

これで、千葉巡検は終了。
Hさん、Wさんお疲れ様でした。二人ともなんとかサメの歯が採れてよかったです。
来年もよろしくお願いします。

なお、この後、鬼のような渋滞に巻き込まれ、関東の車での巡検の
もう一つの厳しさを実感することになりました

2

2021/12/17

千葉巡検4  化石

クリックすると元のサイズで表示します
2箇所目も
Hさん、Wさんはサメの歯を見つけていましたが、私は坊主。
サメの軟骨の破片、クジラの骨の破片などもHさんは見つけていた。


三箇所は市宿層(第四紀)
最近、大雨が降ったためか、川は増水していた。
クリックすると元のサイズで表示します
Wさんがタカラガイを採っていましたが、増水して採集環境は
よくなかった。私は地層観察しただけでした。
1

2021/12/16

千葉巡検3  サメ

小さい化石しか見つかりませんでしたが、いくつか採りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
腕足貝とフジツボ
クリックすると元のサイズで表示します
ウニの殻(破片)

クリックすると元のサイズで表示します
東京湾越しの富士山
1

2021/12/15

千葉巡検2  化石

まずは、海岸へ
クリックすると元のサイズで表示します
三浦層群千畑層(後期中新世 約600万年前)

風化した地層の表面に化石が付いている。
クリックすると元のサイズで表示します

目を皿のようにして、サメの歯などの化石をさがす。
1

2021/12/14

千葉巡検1  化石

Mさんが折角、関東に来たということで、翌日は千葉巡検になり、
私が産地などを案内することに。

海ほたるでMさん、Wさんてと待合せ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますj
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ