str_takeshi雑記帖@茨城歴史ゲームの会

「しみゅれ〜しょんげーむ」を中心とした
趣味の世界

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:str_takeshi
>バルトロさん、
コメントありがとうございます。
先日は早朝〜深夜お疲れ様でした。

>何か粗相はありませんでしたでしょうか?
大丈夫でしたよ。

CMJ74号は「スモレンスク」ですね。
当ブログでも対戦記ありますので(たいした事は書いてませんが(汗)、御参考になれば幸いです。
また宜しく御願い致します。
投稿者:バルトロ
先日の千葉会ではお世話になりました。

私も早速このゲームとコマンドマガジン74号を入手しました。(まだ開放していませんが)
最後は見逃してしまったので「完結編」楽しみにしています。

あと例会後の食事の席で、さすがに睡眠不足の為か朦朧としておりました。何か粗相はありませんでしたでしょうか?(自宅に着いたのは深夜2時過ぎでした)
それでは、また千葉で会いましょう。
投稿者:str_takeshi
>山崎さん、
早速の、しかも旅先からのコメントありがとうございます。
実戦譜を、デジカメ記録→vassal譜で再現検証。色々と気が付くことが多いです。

「完結編」乞う御期待。
投稿者:山崎美鶴
 はい、山崎美鶴です。

 凄まじい激闘譜ですね〜〜。で、しかも
この後の"完結編"が待っている、とw。

 真面目な話。どちらの陣営を持っても
勝利を確信出来ない程の局面、ならびに
第10ターン以降(大勢未判明)の戦い、
と云うのは非常に良い経験になります。
 
 これは、『日露戦争』と云うゲーム
 (正確には殆どのゲームに共通するけど、
 『日露』では、とりわけ強調される)
に於いて、「非常に多くのプレイヤーが
第9ターン以降の経験値が極端に乏しい。」
この為、終盤で"ギリギリの攻防"になった時
経験に勝る側が"信じられない逆転劇"を
演じるケースを増やす事になります。
 (某氏に「悪夢の第9ターン」のAAR執筆を
 強く推奨したくなる所以です、確かに、
 "悲惨な経験"とは云え、それをAARにして
 残しておくと後で凄く役に立ちます。)

 こういう一戦を経験した事が間違いなく
御両所(&観戦子)にとって役に立ちます。
(確実な成長に直結致しております。)
 
 この後に控える記事が非常に楽しみです。
 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

BGG

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ