部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
(無題)  

ご無沙汰しております。
主将の宮内です。
宗本から睡眠欲がどうとか言っておりました。
それは合宿で僕が100メートル108本煩悩の数を泳ぐという根性練を行ったせいでしょう。
しかし、運悪くその日面接が入ってしまい、行えませんでした。
本当に残念でした。僕はこの日を楽しみにやっていたので本当に残念です。
ただ、みんなの話を聞くと達成感が何よりも大きくてうれしかったです。
まぁ来年以降も花岡や八木を筆頭とする後輩たちがこの伝統を継承していくことでしょう。
もし来年も継承するのであれ僕は108本やりますので花岡君招待してください。
この練習を通じてみんなに言いたいのは練習は本番につながること。本番でスタート台に立った時あの練習をやったんだからレース一本くらい大したことないという風に思えるような練習をしてほしいです。今回は精神的な面でそう思ってくれるようなメニューにしたのでそう思っていただけると幸いです。

練習はさておき帰りも大変でした。
僕は金曜日に個人的に帰ってきたのですが、なんと西国分寺で武蔵野線、中央線すべてが止まりなんと深夜11時に2時間近く足止めを食らいました。歩きたかったのですが、大雪で進めず、絶望的な状況でした。僕はなんとか切り抜けたのですが、翌日バスで帰ったみなは僕の何倍も大変だったようです。新潟から9時間福島を経由したそうで、しかも途中の越谷で降りそこから電車だったというので想像できません。
そういうところに入ると僕は騒いでしまうのでみんなからしたら静かでよかったみたいな話を聞いたのでとても悲しいです。
毎年バスには悩まされています。

大変なことが目立ちますが、今回の合宿では帝京大学さんと文京大学さんとご一緒することがありました。
その際に、刺激をもらえたり、練習法についていろいろ教えていただけたり、とても実のあるものになりました。
これを機にまた交流を深めていきたいと思います。

次は僕が思う合宿ナンバーワンの功労者である増子賢人君に回します。
色々な欲を我慢して頑張った彼はすごい活躍ぶりでした。
いろいろ語ってください。
ますけんよろしく
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ