部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
間食はプロテインです…  

こんばんは、1年の宮島です。

まず、11/22に今井さんの会がありました。食べに食べたエネルギーで間近に迫ったウィンターでもいいタイムが出そうです。いらしてくださった今井さん、渡辺さん、真田さん、ありがとうございました!

さて、今回は私が愛してやまないトレーニングについて語りたいと思います。
現在私は毎日数時間の筋トレ学の勉強と週4の筋トレを行っています。さらに最近は弁当を作り(朝起きることができればですが…)栄養面でも一層の注意を払っています。

@勉強に関して
高校生のころから好きでいろいろと調べたりしていましたが、今でもさまざまな発見があって面白いです。最近学んだこととしてはBCAAとクレアチンの重要性です。
 BCAAとは、branched chain amino acids(分岐鎖アミノ酸)のことで、必須アミノ酸(体内で作れない9種類のアミノ酸)のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのことを言います。以前関カレ前日のブログでアミノバイタルを強烈に宣伝しましたが、まさにあれはこのBCAAを補給するためにあるものです。人は体を動かす際に筋グリコーゲン(筋肉に貯蔵された糖)や血液中のBCAAをエネルギーにしますが、これらが足りなくなると筋肉を分解してBCAAを作りエネルギーとします(これをカタボリックといいます)。こうなるとトレーニングをして筋量が減少してしまったり、競技のパフォーマンスが低下してしまいます。これを防ぐために運動前、運動中にBCAAを補給します。BCAAは摂取後30分ほどで血中濃度がピークに達します。私自身もこれを考えてレース前はBCAAを摂っています。
次にクレアチンの話をしようと思いましたが、分量の関係でまたの機会とさせていただきます。

A筋トレに関して
高校までと違い周りに自分の泳ぎを的確に改善してくれる人がいないため、フォームの修正は難しくなってきます。もちろん自分でビデオを見直したり部員からのアドバイスで泳ぎは修正していきますが、劇的に泳ぎがうまくなることはあまり期待できません。では、どうやってタイムを縮めるのか。私の答えは、肉体的に強くなる、ということでした。同じ泳ぎをしても、ひとかきの強さが強くなればより進むであろうし、体幹が強くなれば抵抗は減るでしょう。実際もっとも筋トレに励んでいた高2の夏が一番タイムの伸びを実感していました。しばらくは筋肥大をいしきして、十分なボリュームが出てきたら筋持久力を意識したものにしていきたいです。
では、そんな私のある1日の筋トレを見てみましょう。
、、、
1度書いたのですが多くの方がちんぷんかんぷんになりそうだったのでやめました。

最近ハマっているのが腹横筋と腸腰筋です。腹直筋ばかりやっていた感があるのでバランスを整えるためにやっています。あと、かっこいいからです(笑)

B栄養にかんして
私は食事に関して基本的に低糖質高蛋白を意識しています。米が好きなのですた丼にはもっと頻繁に通いたいのですがこらえています。最近のブーム食材は鶏の胸肉です。最近の私の弁当には300gでまるまるのっかっています。

まとまりのない、かつ、共感の得にくいブログになってしまいましたが、とにかく練習は頑張っています!引退するころには筋トレの宮島として名を残せるように頑張りたいです。

次回は間明田くんにおねがいします。まみょよろしく!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ