部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
4月は思い出に浸りたくなる季節  


こんにちは、野田です。
相原が驚きの短文だったので、その分頑張って書こうと思います。


以前ブログを書いたのは合宿直前でしたので、
今更ながら今年の合宿を振り返ってみます。

一言で言うと、今年の合宿は成長を感じられた合宿でした。

合宿では普段の練習と異なり、選手とマネが6日間固定です。
その分普段より選手との距離感はグっと近づきます。
今年は6コースの高橋・永瀬・橋本を担当しました。

「昨日はこのサイクル回れたから、今日はもうちょいいける」
「このメニューはここが頑張りどころだから、こうしよう」
「もし回れなそうだったら、臨機応変にマネが調整しよう」
等々相談して、普段より選手と近い目線で練習ができました。

同じ部員と言えどもやはりマネは選手は違うものだし、
ましてや競泳未経験の僕は選手と同じ目線では
部活や練習を見ることは難しいと思います。
でも今回の合宿でほんのちょっとだけ近づけた気がして
自分の1年間の小さい成長を感じられました。


…てな感じで自分の小さい成長にうかうか浸っていると、
あっという間に3年生になってしまいました。

相原が書いてくれた通り、新歓期間ですね。
新入生が練習に来るたびに、「自分はこうだったなぁ」
「後輩は1年前はこうだったなぁ」と思い出に浸ってしまいます。

1年前マネの後輩が3人入ってくれたはいいものの
「こんなに仕事やらせたら辞めちゃうかな…」
「でもこういうの慣れとかないと後々辛いよな…」
なんてビクビク怯えながら仕事を教えていたのを覚えています。
(僕は入部してすぐ超大変な仕事をMSKさんにやらされ、
絶対辞めてやろうと思ってました)
そんな後輩マネも皆たくましくすくすく成長して
新入生のマネ志望の子に仕事を教えています、感慨深い…ホロリ

そして、新歓で新しい子が入ってくるということは
4年生の引退が近づいているということです。

選手の皆さんは、大会で良い結果を出して
お世話になった4年生の先輩への恩返しができます。
マネは形に残る結果を残せないので、
りなさんが「マネはもう大丈夫だな」と思えるように
日々の練習の仕事を丁寧にこなそうと思います。
(まだりなさんに「のーだしっかり!」と怒られてしまいます)


思ったことをそのままつらつら書いていると
つい書きすぎてしまいました。
まあ相原の記事と相殺ってことにしておきましょう。
今年度もよろしくお願いします。

次のブログは、同期の高橋うららに回します。
有望な津田の新入生が入ってくれるということで
今からワクワクしているらしいです。
練習をストイックに頑張るうららちゃんなので
後輩から尊敬されること間違いなしですね!

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ