部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
関カレへ向けて  

夜分遅くに失礼します。こんにちは。こんばんは。前原です。

一年生からブログを回していただけるのはとてもうれしいです。八木原ありがとう!!

さて、関カレまで一週間を切りました。まだ自分としては実感がないですが、練習メニューを眺めていると、調整メニューに入ったんだなと実感します笑

私は関カレで、100mFly,200mFlyに出場させていただきます。200mFlyは関カレ初出場、100mFlyは2度目の出場になります。レースに向けた準備としては、自分自身の調整、体調管理の徹底だけではなく、順位争いをすることになるであろう他大学の選手のタイムデータを見て、どのようなレース展開をイメージしていくかを考えることも十分準備になると思います。どのようなレースをしてその相手に勝つか、ということを考えながら練習をすればもっと関カレへの現実味は帯びるでしょう。とにかく、自分にとってこの一年の集大成として、結果を挙げるべく精一杯がんばります。
絶対に決勝に残ってやる!!と士気を高め、残りの一週間全力で練習に取り組む!!というのが本来の流れなのかもしれないのですが、今回は自分が最近ぼーっと考えていることをぼやくことにします、
今週、私は現在ブダペストで開催されている世界水泳を見ました。よく知っている日本人選手たちが世界で活躍している姿をみると、うれしくなると同時に自分の水泳に対するモチベーションが上がりますね。海外選手もとてつもなく速い選手ばかりで、一体どんな過酷な練習をこなしてきたのか、、、と考えてしまいます。特に、女性の選手を見てると驚きが止まりません。なぜ、あんな細い腕なのに100mFlyで55秒台がでるのか、なぜ、あんなにスレンダーなのにとんでもないスタミナがあるのか。同じ競技をやっている者としては大変驚きの世界です。
泳ぎこむことで速くなるのか、陸上トレーニングなどで筋肉をたくさんつけるから速くなるのか、水をとらえる技術が上手いから速くなるのか、体重移動がうまいから速いのか、そもそも才能があるから速いのか。色々考えてると競泳って難しいな、、、とふと思います。いや、競泳に限らず、スポーツについて考えるとそのような考えに至るのでしょうか、、笑 

それはともかく!!いまは今週末の関カレへ向けて自分が最大限力を発揮できるようにしっかり準備します!笑

次のブログは先日メニュー班として最後の仕事をされた矢野さんに回します。
みきさんのメニューはとてもきつかったですが、自分には組めない。非常に充実したメニューでやりがいがありました!ありがとうございました!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ