部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
半年ぶりのブログ  

お久しぶりです。3年の辻原です。僕も古家と同じで次にブログを書くのは引退の時だと思っていました。前に書いたのは令和1発目のブログです。そう考えると令和になってからもう半年たつんですね。井上まわしてくれてありがとう。

半年ぶりなので、この半年間のことを少しは書きたいと思います。
まず、ついに学生リーグ初得点を決めました。ただ2得点とも、今だったらパスを選択する場面だなあって思っているので、来年の学生リーグは勝利に貢献できるようになりたいです。
水球ではある程度去年からの成長を感じられたものの、競泳の関カレは非常に悔しい結果になりました。もうすでに次のシーズンが始まっていますが、今シーズンは全レース自己ベストを目指します。

3年生になって半分以上が経っていますが、いちばん変わったことは勉強です。2年生までは、競泳:水球:その他部活のこと:勉強:バイト=3:3:1:1:2くらいでした。それが今では、3:3:1:3:2とかです。部活と同じくらい勉強しています。
毎日ひたすら英語の文章を訳したり、英文のエッセイを書いたりしています。受験生の頃と比べたらどうかわかりませんが、去年と比べると確実に僕の拙い英語力は向上しています。やっぱり、「英語の上達」を目的とするよりも、「教科書を読む」などの別の目的のための手段として英語を使う方が、案外英語はすぐに上達するのかもしれません。

このこと水泳部でも言えることだと思います。というのも、僕は今まで、競泳の練習は水球にいい影響を与えることはあっても、水球の練習が競泳にいい影響を与えることはないと思っていました。しかし一概にそうとは言えないのかもしれません。夏の水球練を乗り越えたイケベと藤田の泳力がそれを示しています。「速く泳ぐ」ことは水球では「目的」ではなく「手段」です。2人の泳力には入部した時と比べると見違えるものがあります。これからももっと速くなってほしいし、僕も練習メニューで貢献していきたいです。

次はすみちゃんに回します。2月に語学研修に行った彼女はその英語力を生かしてゼミでは経済史を学んでいるようです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ