部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
M  

更新が遅れてすみません。4年の辻原です。
特に書くことが思いつかず、時間をあけてしまいました。

先日学生支援課から連絡があり、部活の自粛の延長が決まりました。8月上旬まではおそらくプール掃除も含めて活動ができません。


浪人中によく泳ぎに行っていたプールが先週から再開したので、週に2回くらいのペースで泳ぎに行っています。
3月に埼大で練習させてもらっていた時以来、3ヶ月ぶりのプールでしたが、思っていたよりも体は覚えているなって感じでした。泳ぎ出す直前までは、やばいどんな感じで進むんだっけ、溺れたらどうしよう、みたいなことを考えていましたが、いざ壁を蹴ってみると、ああそういえばこんなこと意識しながら泳いでたな、と色々なことを思い出してきました。

そういえば入学したてのとき、水村といっしょに水泳部の練習に参加させてもらうことになって、浪人していたから体が戻るか不安、という話になった時に、当時3年のM先輩がこんなことを言っていました。
「いやあ、人間にはマッスルメモリーが備わっているから大丈夫。しばらくブランクが空いていても、反復練習を経験している動きは体が覚えている。」

あれからもう3年が経ちました。後にも先にも、僕が「マッスルメモリー」という単語を耳にしたのはこの時しかないですが、なぜか今でも覚えています。そして先日の3ヶ月ぶりのプールでついに「マッスルメモリー」を実感することができました。


しかしながら、技術面は覚えていても、持久力やパワーの面はかなり衰えています。この3ヶ月の間筋トレやランニングを行なっていましたが、せいぜい久しぶりに泳ぎ出してもケガをしない程度でした。


引退までに部活で練習できる時間がかなり短くなってしまいましたが、後輩のために、チームのためにできることを頑張りたいと思います。


次はともやに回します。

註)M先輩は、まみょうださんでもまえはらさんでもありません。Mはマッスルメモリーの頭文字です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ