部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
今までありがとうございました!  

お久しぶりです。前主将の加藤です。
最後のブログを書く時がきました。そんなに話すこともないと思っていましたが、いざ引退するとなると伝えたいことはいっぱいあることに気づきました。全部伝えていたら長くなるので一部にとどめておきたいと思います。

後輩のみんなに一番伝えたいことは、常に考え続けてほしいということです。
競泳も水球も選手もマネも同じことだと思います。
今自分がしている練習はなんのための練習なのか、自分に足りないものは何でそれはどうやったら補えるのか、考えることはいっぱいあると思います。ただ朝練にきて毎回同じようにメニューをやったり、シュート練まで漫然と練習してしまったりしてしまいがちかもしれません。そうではなくて、前回の練習のだめだったところを見つめ直してそれを次の練習につなげることが大事だと思います。練習場所に向かう道中でも考えられるはずです。パスミスが多いからパスの練習をしようと機械的に考えるのではなく、パスのどの過程が問題なのかを考えて、原因を特定したうえでパスの練習方法を考えたりすることが本質的に考えることなのかなと思います。
マネージャーのみんなも、シュート率など出してくれていると思いますが、何のために、何がしたくてそれをやっているのかを考えたりすることが大切かと思います。記録すること自体が目的になってしまっていないか、目的は何なのかを考えることで最大限その効力が引き出せると思いますし、やりがいになると思います。
偉そうに言ってしまっていますが、僕自身全然できていなかったし、自戒の意味も込めてみんなに伝えたいことでした。簡単なことではないけれど、簡単なことではないからこそ大切なことなんだろうと思います。考えれば考えるほど終わりはないし、迷ってしまうかもしれないですが、そんな時は部員に相談してみてほしいです。それが大学で部活をする意味なんじゃないかなと思います。
これから部活をやっていく上で、スキル面だけでなく色々なことに多くの人が悩むことがあるだろうと思います。僕自身ありました。そういう時こそ考えることをやめないでほしいです。部員全員がスキルのこと、組織のこと、自分のこと、他人のことなど多方面に思いを馳せることができれば、良い部活を作れるはずです。皆さんの活躍を祈っています。

後輩への偉そうなメッセージはここまでにして、先輩と同期に感謝を伝えたいと思います。
1年生の頃から、生意気で自分が先輩だったらこんな後輩絶対嫌ですがそれでも見放さずにいてくれてありがとうございました。卒業しても未だ気にかけて連絡をくれたり飲みに行ってくれたり練習に来てくれたり、偉大な先輩達であったと感じています。普段あまり感謝を口にできないダメな後輩ですが、実はそう思っていたことを伝えておきたいです。最後に結果をだして恩返しをすることこそできなかったものの、これからも関わっていけたら嬉しく思います。
同期にも本当に感謝をしています。入部する前には新歓にも行かなかったし、同期にどういうひとがいるのかわからなかったのでまさか朝陽と2人とは思いませんでしたが、最後まで2人とも辞めずに引退するとも思っていませんでした。朝陽が最後まで信頼できる同期で良かったです。
同期全体としては本当に色々なことがありましたが、引退の時を迎えて、振り返ると支えられることが多かったなと思います。根底にある部活への思いが同じであったりと、主将になって同期の存在の大きさを強く感じました。僕だけが一方的にそう思っているだけだったら恥ずかしいのでこの辺にしておきます。伝えたいことはほかにもあるけど本当に今までありがとう!!

最後に、部活に多大なるご支援を下さいましたOB・OGの皆様に感謝申し上げたいと思います。日頃から感謝の気持ちは持っておりましたが、渉外担当や主将をさせていただいていたのでOB・OGの皆様と関わることも多く、その度に皆様のおかげで部活ができているのだと強く感じました。これからは、私も水友会の一員として現役を支えて恩返しができたらと思っております。ありがとうございました。

一部伝えると言っておきながらだいぶ長くなってしまいました。レポートみたいですね。最後のブログなので長いくらいがちょうどいいと自分を正当化して終わりにしたいと思います。
多くの人に支えられた4年間の水泳部生活でした!本当に今までありがとうございました!!

次からは新シーズン役職を担当する2年生に回します。
最初は平川に回したいと思います。
応援してるよ。練習頑張って!では、よろしく!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ