部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
感想  

ご無沙汰しております。
4年生になりましたたくわです。

部活もバイトも、あれよあれよという間に最高学年になってしまいました。心は若いですが!(必死の抵抗)あと3年あると思っていた現役生活も気づけばあと3ヶ月です。五傑にのって引退!とひっそり掲げていた目標も、だんだん焦りに変わってきました。ここまで記録を狙って水泳に取り組めるのも最後だと思うので、コンマ1秒でも縮めて終わりたいです。
水球面は小平の太陽を浴びて焦げはじめています。朝練に行くたびに加速する日焼け姿を見て、練習頑張っているんだなあと思います。学生リーグが始まって忙しいと思いますが、陰ながら応援しています。隠れ(しきれていない)ファンなので。今年こそ最後に同期の勇姿を見たい!と思っているのですが、このご時世、以前のようにふらっと行くのは難しいですね…。

学生リーグの話から打って変わって、今回は最近お気に入りの生き方について書いてみたいと思います。日常のイラッから解き放たれる生き方です。怪しい話ではありません。そして何の脈絡もありません、はい(真顔)
私はよく、他人に怒ったことあるの?と聞かれます。答えはA.ほとんどありません。が、イラッとはします。では、イラッから解き放たれる生き方とは何なのか。それは、イラッとした時、自分の心の扉からひょこっとヒロユキを出現させる方法です。小さなヒロユキが「それって、あなた(=自分)の感想ですよね?」と聞いてくれます。すると、自分のガチガチに凝り固まった「こうあるべきだ」という固定概念を押しつけていないか、本当に必要なことか、考えられるようになりました。「え、ヒロユキいる?」という声が聞こえそうですが、この方法を試してから、自分にも他人にもイラッとする必要なくない?と思うことが増えたのでこんな方法もあるよ、とお伝えしたく書いてみました。あくまで私の感想ですが。(…?!)

さて、毎度お馴染みどうでも良い話は置いておいて、次回からは1年生にブログを回していきます。
トップバッターは入部が早くて余裕があると思うので(偏見)、山口くんです。たくさん練習に来ているので1年生だったっけ、ってなっていますが、よろしくです
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ