部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
(無題)  

畠山です。投稿が遅くなってしまってスミマセン。

最近朝一段と寒いですね。今年の冬至は12月22日らしいので後1ヶ月もすると日の出の時間も早まりだすみたいです。今はたぶん5時50分くらいです。

特に読んで有益な情報は自分の生活の中にはないので、最近ボクが一番驚いた事について書こうと思います。

1549年日本にキリスト教伝来。

まぁこのくらいの知識は日本史選択でないボクでも知っていますが、注目すべきはこのキリスト教を伝えた人物。フランシスコ・ザビエルです。社会の教科書に載っているザビエル。実は彼の肉体は今なお、この世界に残存しているそうです。ミイラとなって。

インドのゴアにあるとある教会で保管されているらしいのですが、このザビエルミイラは一つの観光スポットとなって観光客で連日大賑わいだそうです。

残念な事に今では棺の中に収められているザビエルミイラの一部を窓のような隙間から見ることしか出来ませんが、数年前までは手を伸ばせば触れる事も出来たようです。というのも、ザビエルミイラが棺に収められてしまったのは、ある熱心なキリスト教徒が彼の、つまりザビエルミイラの足の指を喰い千切ってもってかえってしまったからという理由だからです。

世界はまだまだ驚きに溢れてるなー。

じゃあ次は森で。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ