部員紹介や歴代記録の確認等はコチラ→一橋大学体育会水泳部
引退  引退

こんばんは。4年の赤塚です。遅くなりすみません。最後の部ログを書かせて頂きます。

さて、「なぜあなたは水泳をやっていましたか」というテーマです。

僕が水泳を続けてきた理由は「悔しいから」です。

水泳が好きにもかかわらず、タイムの遅さから「いちおう、水泳をやっていました」と卑下してしまう自分が悔しかった。
いつも森にあとちょっとのところで勝てないのが悔しかった。
怪我で練習ができず、花井に抜かされたことが悔しかった。
人手が足りないのに、水球に参加できないことが悔しかった。
泣くけーすけや堀江を見て、自分の無力さが悔しかった。
4部降格を自分のせいだと責める木舩になにも言えないのが悔しかった。
初心者の福井さんに勝てない自分が悔しかった。
新入りの宮内にも横国の同期にも完敗した自分が悔しかった。
これからという時期に本気になれず、関カレを泳ぎ終わっても何の感慨も湧かない自分が悔しかった。
志半ばで引退した同期に自信をもって「3部残留してみせるから」と言えない自分の実力が悔しかった。
いつまでたっても100の関東標準を切れない自分が悔しかった。
最高学年として部を引っ張るタイムが出せないことが悔しかった。
全国公に出られなかった自分が悔しかった。
未だに得点をしたことのない自分が悔しかった。
応援してくれるみんなに応えられないことが悔しかった――。

最後の関カレの最後のレースで得点できたことで、はじめてこの3年半の自分を許すことができると感じました。
たった2点ですが、いまは水泳を続けてきたと胸を張って言うことができます。

悔しいと思える環境、頑張ることのできる環境、これらは快く支援して下さるOBOGの方々、そして部員であるところの先輩、後輩、同期なしでは考えられません。
水泳を納得するまで続けることができたこと、自分は幸せだったと本当に感謝しています。
3年半、ありがとうございました。

次はけーすけに回します。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ