2007/6/27

バッファローフィッシュの大行進!  シパダン・カパライ

宝田です。
6/21〜26シパダン・カパライ報告!

クリックすると元のサイズで表示します

期間中の日中は晴天続きで快適な水上コテージライフを満喫してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

乗り継ぎ便の関係で初日はコタキナバルに泊まり、地元の食文化に溶け込み市場風のシーフードレストラン(屋台?)でたらふく地元の魚介を食べてきました。

翌日早朝にセンポルナ港からスピードボートで揺られながらリゾートへ移動すること約1時間。
陸地は一切無いリーフ上に水上コテージが連なるカパライリゾートに到着。
潮風が何とも心地よい・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

到着してスタッフの説明を聞いたら、いざチェックダイブへ・・・。
チェックダイブといっても中性浮力やハウスリーフの地形を説明してくれるだけ・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

初日は午後にボートダイブを追加して2ダイブで終了。
翌日はボートダイブ3本・サンセットダイブ1本の計4本。
3日目はバッファローフィッシュ狙いで朝5:30出向で午前中に3ボートダイビング、午後1ハウスリーフダイブの計4本・結局合計10本のダイビングを満喫してきました。

シパダン島はサンゴもきれいで透明度も水深10m以深は30m以上。
地形は水底の見えないドロップオフ。
流れに乗ってドリフトダイビングです。
今回最大の目標であるバッファローフィッシュの大行進も見れて大満足でした。
このときはかなりのストロングカレントだったのでうまく撮影できませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

早朝しか見れないということで眠い目をこすりながらでも潜ってみてよかった。
なかなかあの大群は見れないでしょうね。
パラオなどでも単体では見れますが、群で見たのは初めてです。
迫力ありました。

隣のリゾート・マブールではギンガメアジのトルネードやクマドリイザリウオ(カエルアンコウ)・ピグミーシーホースなど日本ではあまり見られないレア物も数多く見てきました。
ピグミーシーホース
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ハナヒゲウツボ幼魚
クリックすると元のサイズで表示します

ハダカハオコゼ
クリックすると元のサイズで表示します

カメも多かったです。期間中で30匹は見れましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


ハウスリーフではニシキテグリも観察できましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水温は29度前後とポカポカ・施設も快適で、スタッフも明るく親切でした。
重い荷物は全てスタッフが持ってくれて、セッティングも全て現地スタッフ任せ・・・。楽チンです。
ただ、最終チェックは必ず自分でしないとだめですけどね。
実際、タンクのバックルが外れるケースが何度もありました。
要注意ですね。

期間中の食事は大きなオープンテラスでするのですが目の前が海!気分爽快です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食事もおいしくちょっと肥って帰ってきました。帰りの観光やショッピングも楽しめました。
神聖なるモスコの中には肌を見せてはダメとのことで、この格好で・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


Oさん200本達成おめでとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ