2007/8/31

2大スターの競演なんと1時間!  モルディブ・クルーズ

宝田です。
8/25〜30 モルディブ・チャータークルーズinブルーシャークU報告!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当日の朝は晴天に恵まれ、成田空港まではスイスイで到着!
成田集合の方も迷わず合流成功!
はるばる大阪からのご参加も・・・。感謝感謝!
クリックすると元のサイズで表示します

総勢15名ともなると手続きにも一苦労!
チェックインだけでも30分以上かかってしまう。
行きはコロンボ経由でモルディブ・マーレまで・・・。
フライトの時間変更が多少ありましたが、現地には時間通りに到着!
そのままクルーズ船でゆっくり休憩し翌日に備える。

実はスタッフとの打ち合わせで、「ジンベイはあきらめたほうがいいかも!」とのコメント!でした。見れるはずのエリアに1週間ほど姿が見えないと・・・。

でも、そう簡単にあきらめるわけにはいきません!
その後は、15人の希望を一手に受けるプレッシャーとの戦いでした。
なにせ、ジンベイを求めてきたんですから・・・!

他のスタッフにも無線を使って、できるだけのことはやってもらいました。
環礁越えで5時間近く船を走らせたこともありました。
全てジンベイザメに合うために・・・。

初日はチェックダイブをかねて、マンタ狙いでエントリー!
ドキドキのモルディブ初ダイブ!みんな緊張ぎみ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

緩やかな流れの中、いつまで待ってもマンタは現れてくれません。
そろそろ安全停止をしようと動き始めたその時です。
優雅に泳ぐマンタが1枚向かってくるではないですか。
みんな必死にカメラを向けてシャッターを押していましたね。
クリックすると元のサイズで表示します


この日の3本目にはサンセットダイビング!
時間が思いのほか遅くなり、すっかりナイトダイビングとなりました。
ここでもマンタが2枚!現れてくれました。
スタッフを入れると19名で潜ると人数確認も一苦労です。
ライトなしの方もいたりして・・・。

翌日も早朝6:15にはブリーフィングのスタートです。
眠い目をこすりながら、1本目のポイントでエントリーをしようとしたその時です。
無線でなにやら興奮状態で騒いでます。
そうです。ジンベイザメが出た!という現地語での無線でした。
急いで、背負っているタンクを外し、ジンベイエリアへ急行しました。
10分ほど移動するとリーフ沿いにジンベイらしき姿がチラチラしています。
まずはスノーケルで拝めるだけでも幸せと、みんなで一斉に飛び込みます。
スノーケルをくわえながら、すごい!すごい!と叫んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

ジンベイザメとのご対面です。優雅に泳いでいます。
大きい口をあけてプランクトンを捕食しています。
クリックすると元のサイズで表示します

食事中ということでダイバーなんかお構いなし!
クリックすると元のサイズで表示します

30分以上はその場で一緒に泳いでくれました。


そんな中、海中を見て見ると、白いものがグルグル回ってるみたい・・・。
よく見るとなんと!マンタ11枚!
マンタも食事中でした。
クリックすると元のサイズで表示します


ジンベイ&マンタの美しい舞を目の当たりにするともう言葉は出ません。
クリックすると元のサイズで表示します

感動で体がジンジン震えるほど・・・。
ただ、見てるだけで十分!こんな世界があったのかと思うほどの衝撃場面です。
15年間のインストラクター人生でダントツに1位の場面です。

その場面はしばらく続くので、この際この場所でタンクを背負って潜っちゃおう!
ということになり、みんな急いで準備をしていざエントリー!
まだまだ続くジンベイ&マンタ11枚の舞!
タンク1本分約1時間、ずっと捕食シーンは続いていました。
まさにすごい光景でした。テレビの映像でも見たことが無いシーンでしたね。
「一生で1度見れればいい!」というジンベイだけに、全員で堪能できたことが一番
うれしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します


その後は、モルディブを代表するBIGポイントを潜り、点々と船は移動しながら
のクルージングとなりました。どのポイントも魚影がすご過ぎです。
前が魚で見えないくらい群れてます。

サンライズも、サンセットもキレイでした。
クリックすると元のサイズで表示します

食事もおいしいし、特別ケーキもあったし、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

200本記念もあったし、
クリックすると元のサイズで表示します

15周年のお祝いもしてもらったし、
クリックすると元のサイズで表示します

のんびりできたし、無人島にもいけたし、
最高のモルディブ・チャータークルーズとなりました。
いろいろありすぎて書ききれません。
お会いしたときにお話したいと思います。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ