2008/4/14

日本一早い夏の大花火  沖縄本島ステイ

宝田です。
4/11〜13沖縄・海炎祭ツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します

行ってきました。日本一早い夏の大花火。
初日は朝一番の飛行機で羽田空港を出発し9時ごろには那覇空港に到着。
早速、現地ダイビングサービスに直行し、ダイビングの準備を始めます。

1本目はチェックダイブをかねて海岸から近いポイントにエントリー。
前日までの大雨の影響が残っていたようで、透明度は5m程度と最悪・・・。
エントリーすると水底が見えない・・・。
正直、伊豆より状況はよくないかも・・・。

昼食をはさんで2本目・3本目はチービシへ潜りました。
ここは1本目とはうって変わって透明度20m〜30mと本来の沖縄の姿を堪能できました。今の時期は何といってもコブシメの産卵が見れる絶好の時期!
運がよけれが目の前で見れるチャンスです。
そのチャンスは3本目に訪れました。
サンゴの色と同色に変化しながら、10本の足をサンゴの隙間に埋め込んでいく様子は思わず「ガンバレ」と声をかけてしまうほどです。
そして決定的瞬間をこの目で見ることができました。まさに感動です。
コブシメ産卵
コブシメ産卵

白くてピンポン玉程度の卵がいくつも確認できました。
クリックすると元のサイズで表示します

2日目は朝からケラマ諸島に向けて出向です。
さすがケラマ諸島!透明度は常に30mはありました。
4本目は渡嘉敷島の野崎南に潜り、ここはサンゴが群生し無数のデバスズメダイが泳ぎまわるポイント。沖縄サンゴの生命力を感じましたね。
5本目は真っ白の砂地が心を癒してくれる、これぞケラマの海という海中景観でした。
6本目は流れるポイントでドリフトに挑戦。
クリックすると元のサイズで表示します

なだらかに落ち込む水底で中層をフワフワ漂いながらのダイビングとなりました。
カスミチョウチョウウオやハナゴイ・イソマグロに大型のサメなど気持ちよく流れることができました。

サンゴの中をのぞくとこんなキレイなカにもいましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、この日の夜には「琉球海炎祭」
今年は5周年ということもあり、1万発の花火が夜空に舞い上がりました。
カウントダウンが始まって花火が打ちあがるとテンションが上がります。
音楽に合わせて打ちあがる花火イリュージョンは全てコンピュータ制御だそうです。
花火もここまで進歩してきたかって感じですよね。
2008 沖縄海炎祭
2008 沖縄海炎祭


来年はどんな選曲なのか今から楽しみです。



2008/4/16  22:45

投稿者:TD

楽しい3日間をありがとうございました。
それぞれのポイントが印象的です。
特にコブシメの産卵は最高でした。
感動的な産卵シーンはなかなか見れないし・・・。
ラッキーでした。

海炎祭の花火イリュージョンもなかなか見ごたえありましたね。

今回のダイビングDVDも古山さんにお願いしたので、もうしばらくお待ちください

2008/4/15  18:21

投稿者:うさ子

8ヶ月ぶりのダイビング。体力に合わせて本数を減らして潜りましたが沖縄の海のすばらしさは十分楽しめました。沖縄の4月前半はドライの方がよさそう。産卵したコブシメの命はもう終わりなそうです。ひめゆりの塔に行き沖縄の歴史の重さを考えました。いつも参加者の希望を重視していただき感謝の一言です。

2008/4/14  17:00

投稿者:M.M.

久しぶりの沖縄、今回は透明度抜群でした。そしてコブシメの産卵シーン、彼女の目が今も印象に残っています。珊瑚と魚群を眺めながらゆっくりのドリフトもよかったです。BCの破損でエアーが入れられなくなったハプニングは貴重な経験でした。(ドライスーツだけでの浮力調整が) ダイビング後のお楽しみ海炎祭の花火大会、圧巻でした。11万人以上とかの人出で帰りの足が心配でしたが、思いのほか早く帰れて本当によかったです。同行の皆さん、お疲れ様でした。

2008/4/14  16:03

投稿者:WaKaBa

ひめゆり平和祈念資料館を訪れ戦争の怖さ忘れ去ってはいけないことですね。

琉球海炎祭
エイサー(沖縄)とよさこい(高知)の熱きコラボレーションもっと近くで見たかったな!
花火と音楽が競演する、新しい花火ショーもよかった。
ダイビング 沖縄の青い海 地球環境保護を考えみんなの地球を大切にして行きたいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ