2010/10/20

奄美大島プライベートツアー  奄美大島

宝田です。

10/4(月)〜7(木)奄美大島プライベートツアー報告!
クリックすると元のサイズで表示します
透明度15m〜30m,水温28℃。

飛行機で約2時間、亜熱帯の奄美大島に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

現地の天候は晴れでいい天気。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、北寄りの風が強く感じる。
ダイビングをするには悪条件の風向きです。
現地ガイドと相談した結果、トライすることに決定。昼食をすませてまずは1本目。
浅場だけのダイビングでしたが、各種クマノミも見れて足慣らしは万全。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日も風は北風。
2本目・『ハナゴイ』はうねりの影響で水中はじっとしていられないほどの底揺れでした。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目・『山本SP』
ここはうねりの影響が少なく、落ち着いて潜れました。
砂地にある隠れ根にはヨスジフエダイやケラマハナダイが群れて、南国の水中景観が楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します

4本目は『バベル』
ここも風波を受ける中でのエントリーとなりました。
水深10mからなだらかに落ち込む地形で、その途中にはネジリンボウやスミレナガハナダイ、コンペイトウミウシが見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

翌日、風もおさまり海況はベストコンディション!
5本目は『大仏サンゴ』世界でも類を見ないほどの巨大なコモンシコロサンゴの群生が見事。
クリックすると元のサイズで表示します

このサンゴにはハナゴイやキンギョハナダイが群れて、彩を添えていました
クリックすると元のサイズで表示します

砂地ではガーデンイールがにょろにょろとした姿を見せていました。
クリックすると元のサイズで表示します

6本目のポイントは砂地の根にカマスやフタイロハナダイ・レッドソックス・レアなエビも見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手乗りサラサエビも変わった体験ができましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

7本目は「どうしてもハナヒゲウツボが見たい」というリクエストに答えて倉崎ビーチにエントリー。
クリックすると元のサイズで表示します
浅瀬のポイントですが、いろいろ見れました。

クリックすると元のサイズで表示します
ハナヒゲウツボをはじめ、眉間にバッテンマークのサザンクロス(ハナビラクマノミ)、モンガラカワハギなど。
クリックすると元のサイズで表示します

そして最後に登場したカタクチイワシの群れは圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します

最終日はマングローブを見にカヌーで遊んできました。
クリックすると元のサイズで表示します

静かな、風の音だけが聞こえてとてもリラックスできる一時でした。
クリックすると元のサイズで表示します

久々に訪れた奄美大島。
新しい道やお店もできていいリサーチができました。
クリックすると元のサイズで表示します
また来なきゃな


ここはいつも美味しい食事を提供してくれます。
夕食はコース料理。
クリックすると元のサイズで表示します

アサヒガニのパスタは絶品でした。
クリックすると元のサイズで表示します
ついついお酒も進みますね。

連日の黒糖焼酎利き酒も楽しめました。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ