2010/10/24

妻良ブルー!  中木・妻良

宝田です。
10/23〜24南伊豆・中木&(伊東⇒妻良)ツアー報告!

クリックすると元のサイズで表示します

久々に動画UPして見ました。



今回はちょっと遠出して南伊豆まで足をのばしてきました。
久々の夜出発ということもあり、リラックスしてました。
行きの首都高速の渋滞が心配でしたが、まったく渋滞なく海老名SAまで到着。
結局、現地中木に到着が24:30!
緊張している体をお風呂でほぐして、軽く寝酒を飲んでその日は就寝。

翌日は中木でダイビング!

クリックすると元のサイズで表示します

連日東風が強かったですが、ここ中木は東風には全く影響が出ないスポット。
水温24℃・透明度15m前後・波なしのベストコンディションでダイビングできました。
こんな日は2本で終了するのがもったいない・・・。
ということで3本潜っちゃいました。
水中は水深5mから水底25mぐらいまで落ち込む根がいくつも張り出しており
根から根に飛び移るようなダイビングスタイル。
オーバーハングしてる岩もあり地形も楽しい!

クリックすると元のサイズで表示します

まるで飛んでるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

魚影も文句なしの数!特にキンギョハナダイやキビナゴの群れは圧巻です。
カゴカキダイの群れにテングダイ混じってる姿も印象的でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング後はゆっくり温泉で疲れを癒し、夕食の時間です。
テーブルに並ぶ魚介類にはビールもすすみますね。

クリックすると元のサイズで表示します

翌日は伊東で潜る予定でしたが、風が強く断念!
皆さんと協議の結果、潜ったことがない妻良(めら)に行くことになりました。
船に乗って5分ほど行くとメインの根に到着。
水面から水底20mにブイが打ってあり、そこからエントリーです。
水面に顔をつけた瞬間、透明度の良さにびっくり!
「妻良ブルー」の初体験です。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ダイナミックで入り組んだ地形は他にない水中景観。

クリックすると元のサイズで表示します

南伊豆はほとんどドリフトスタイルなので、行きたいところに好きなように潜っていきます。もちろん魚影もすごいことになってました。

2本目には潮も動き出し、逆らっては泳げないくらいの流れになり、お魚達も元気いっぱいです。

クリックすると元のサイズで表示します

特にキビナゴの大群に

クリックすると元のサイズで表示します

ツムブリが突っ込むシーンは迫力満点!

クリックすると元のサイズで表示します

ボートも使い勝手がよく、ダイバー用なので非常に楽でした。
また来たくなる海ですね。
ただ、南伊豆はドリフトダイビングなので50本位は潜ってからだといっぱい楽しめると思いますね。

帰りに寄ったお食事処「びゃく」では豪華なそばランチが食べれました。

クリックすると元のサイズで表示します

さくさくサクラエビの天ぷらや寿司が美味しかったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

さすが、伊豆半島の先端ですね。
魚影・地形・流れともに迫力ありました。
これは癖になりそうです。





2010/10/25  15:30

投稿者:TD

miyo sama

お疲れ様でした。
南伊豆はちょっと遠いですが、あの海に潜れるなら頑張っちゃいますね。

次回は洞窟行きましょう。
私も楽しみです。
きっと雲見以上に面白いしダイナミックですね。

2010/10/25  8:59

投稿者:miyo

1日目、私は2度目の中木で3本、大潮ではありましたが、ベストコンディション!ポイントは仲の根周辺、塔島(トウシマ)根の周り、根から根に飛び移り、やぁ〜気持ちいい〜。いくつもの根に、もの凄い魚の群れ、
今年は台風が少なく幼魚達も元気いっぱいです。
2日目、伊東が風が強くクローズの為、TD社長様にとっても初ガイド、妻良(めら)に連れて行って頂きました。
妻良港は山に囲まれ、静かで穏やかな港でした。
船もダイビング専用の船で、使い良く、今回、私達を含めて3組、12名
で、それぞれのポイントで楽しみました。
伊東、安良里とは違うソフトコーラル。
潮の流れがある為、小さなソフトコーラルがびっしり、とっても綺麗でした。そのためか魚影はもの凄く、穴場中の穴場、妻良の良さをご存じのダイバーのみのエリアのようです。

お宿(どんばね)も、細かい気配りがあり、過ごしやすく、使いやすい、お宿でした。お食事も豪華で食べきれません。美味しく頂きました。
ご一緒した皆様、たいへんお世話になり、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

TD社長様、6時間の運転、お疲れ様でした。
次回、妻良の洞窟に行って見たい気がします。
本当にありがとうございました。
楽しみました!!!。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ