2012/9/3

モルディブチャータークルーズ  モルディブ・クルーズ

宝田です。
2012年8/25(土)〜9/1(土)モルディブチャータークルーズ報告!

クリックすると元のサイズで表示します

さすが、モルディブでした!
チャータークルーズでBIGポイントを潜り倒してきました。
合計で16本のダイビングを満喫。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、モルディブマーレに着くと現地案内人が待っていてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

数日前の天気予報では期間中は連日雨予報。しかも雨確率70%以上。
雨季だから仕方ないと天気はあきらめていました。
でも、現地ではほとんど雨は降らずに連日晴天。気温は30℃!
太陽の光がジリジリするぐらいのいい天気でした。
天気にも恵まれゲストのテンションも上がりまくりです。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング初日はまず北マーレ環礁で「チェックダイブ」

入念なブリーフィングをしてから出発です。
クリックすると元のサイズで表示します

1本目「MAAGIRI ROCK」
ここは水底の砂地がなだらかに落ち込み水深22m~30m付近に大きな根があるポイント。そこに集まるヨスジフエダイが見事!
クリックすると元のサイズで表示します

1本目ということでウェイトチェックや中性浮力の確認、ドリフトダイビング手順の確認で終了。ダイビング後は早々と北マーレ環礁を抜けだし4時間かけてラスドゥ環礁へ移動。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目「RASDHOO MADIVARU」
ここは比較的小さい環礁に変わった地形の水底になっているポイント。
潮当たりがいいため魚影は抜群。流れに逆らって水深26m付近の根にはギンガメアジが元気に行ったり来たりを繰り返しています。



これも普段見るギンガメの動きではなく、躍動感あふれる動きで大迫力でしたね。

3本目「RASDHOO MADIVARU」
翌日も魚影が濃いので同じポイントにダイビング。
前日とはエントリーポイントを変えて潜行し、今回はドリフトで流します。
程よい流れに乗って泳ぐとグレイリーフシャークやナポレオンが朝の挨拶に来てくれました。
今回もすごい魚影を堪能できました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビングが終了し母船に帰る途中、水面に黒い何かが・・・。
ガイド陣がなにやらザワザワ・・・!
近寄ってみるとマンタが優雅に泳いでいます。
今がチャンス!急いで全員マスク・スノーケル・フィンを装着しドボーンとエントリー。
5〜6枚のマンタが豪快に捕食しているシーンを見る事ができました。
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店T.Kさん撮影】

4本目「HAFZE THILA」
ランチ前に潜った、ここのポイントは水深8m〜35mまで落ち込むドロップオフで、中層にはアカモンガラがビッシリ。徐々に水深を落としていくとクマザサハナムロの群れが右に左に泳ぎ回ります。下を見るとツバメウオの群れもいて、ついディープな世界にはまったゲストもいましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店W.Rさん撮影】

ときどきグレイリーフシャークもウロウロしていて右に左に上に下に見どころ満点のポイントでしたね。

5本目「FISH HEAD」
ここはモルディブ・アリ環礁では超有名ポイント。
まずは、岩のトップの水深10mにエントリーするが、とにかく魚影がすごい。
クマザサハナムロの1000匹以上の群れにロウニンアジやカスミアジの大群がもうアタック!
クリックすると元のサイズで表示します
【千葉店T.Yさん撮影】

ダイバーの泡なんておかまいなく。すごいスピードで動きまわる様はショータイムですね。じっと見てるだけで満足できる1本でした。さすがフィッシュヘッド!

6本目「RADHIGGA THILA」
移動に時間がかかってここのポイントに潜るときには夕日を見ながらのエントリーとなりました。
全員水中ライトを片手にドロップオフをゆっくりドリフトです。
寝ているアオウミガメや変色したクマザサハナムロ、穴に頭を入れて寝ているアカモンガラなど夜の神秘的な世界を見る事ができました。

7本目「RANGALI MADIVARU」
ダイビング3日目の早朝は緩やかなドロップオフ。
クリックすると元のサイズで表示します

緩やかな流れに乗って水深20m付近を流していくと、水底付近に多くのホワイトチップシャークがじっとダイバーを観察しています。そして、ここはオレンジ色がきれいなアカネハナゴイやキンギョハナダイがビッシリ。
流されながら魚と一緒に泳いでいるだけで癒されるポイントでしたね。
目覚めのダイビングにはピッタリです。

その後、朝食を食べてジンベエサメが多く生息するエリアに移動開始!
船のスピードを徐々にさげてジンベエサーチの始まりです。
みんな水着に着替えていつでも飛びこめる状態で、船の甲板に移動し水面を見ていると、なんとイルカのすごい群れがジャンプを始めます。


しかも、1度や2度ではなく何回も何回も連続で・・・。船の近くに寄ってきて遊んでいるイルカもいてすごくカワイイ姿でした。
そして、イルカが離れて数秒後・・・
ガイドがふと前を見ると、船に向かってジンベエが近付いてくるじゃないですか!
ガイドは何を言っているのか聞き取れないほど興奮状態!
ただ、その様子でジンベエが出たことはすぐに分かりましたけどね。
すぐに、マスク・スノーケル・フィンを装着して準備万端。
ガイドの合図で一斉にドボーンとエントリー開始。
すごい!でかい!ジンベエ柄がくっきりみえる!
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店H.Tさん撮影】

運がいいことに透明度30m以上で、ここの水深が8m程度ですから、ずいぶんじっくり見れましたね。潜って写真をばっちり撮れた人もいたし、ビデオにしっかり撮影もできたようです。

とにかく全員が一度にじっくり見れたことが奇跡に近く、ここで1回目のミラクルが起きました。ジンベエスノーケルは大成功!!!

8本目「SUN ISLAND OUT」
よし!次はスクーバでジンベエサーチ!
次は水中から見る事を狙ってエントリー。
浅場をしばらく泳いでいると、さっきよりも大きいジンベエが優雅にこちらに近づいてくるじゃないですか!


【土浦店T.Tさん撮影】

体を左右に振ってダイバーの横を泳いでいきます。
いやー!大興奮!
透明度も30m以上あったのでばっちり見る事ができましたね。
正直、スクーバでジンベエと泳げることは非常に稀なことで2回目のミラクルが続けておきました。

9本目「MACCHAFUSHI WRECK」
場所を少し北に移動して次は沈船ポイント!
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店K.Tさん撮影】

全長50mほどの大きな船が水底30m付近に沈んでいます。そこが漁礁になっていてツバメウオやロウニンアジ・イエローバックフュージュラー(ウメイロモドキ似)・オニダルマオコゼ、キンメモドキなどここも魚影が濃く、じっくり潜れましたね。

10本目「KUDA RAH THILA」
ダイビング4日目の早朝はBIGポイントにエントリー!
今ままでのポイントとは極端に根が小さく、流れも速い!
モタモタしてると岩を掴めなくて流されてしまう上級者ポイント。
ゲスト全員練習の成果を発揮して、エントリー成功!水底を見てみると一面ヨスジフエダイの群れ群れ群れ!ここの水中景観はとにかく圧巻です。流れも強いため、魚達も元気いっぱいに泳ぎ回っています。
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店W.Yさん撮影】

クマザサハナムロやサンドタイガーシャークも当たりまえのように泳ぎ回っていてあっという間の1ダイブでした。大満足!


エキジット後の船で興奮状態でいると、ガイドからマンタがいるようだと・・・。
念のためマスク・スノーケル・フィンを用意しておくようにと・・・。
近くに寄ってみると数匹のマンタがぐるぐる捕食しているじゃないですか!
すぐに用意してエントリーすると、右に左に回っています。
ダイバーなんてお構いなし。大きな口を空けてプランクトンをほおばっています。
1匹・2匹ではなく15匹以上はいたでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店W.Rさん撮影】

ぐるぐるマンタを見ながら40分以上!すごい勢いで泳ぎまくっていましたね。




この光景を見れたのも奇跡です。今年はマンタが少なく、いるべくポイントにいないことが多いようで3回目のミラクルがここで起きました。いやー!すごかった!

11本目「VILLAMENDHOO REEF」
ここはリゾートのハウスリーフで緩やかなドロップオフのポイント。
モルディブ固有のクマノミやソフトコーラルがキレイでゆっくりドリフトできました。
クリックすると元のサイズで表示します
【土浦店W.Yさん撮影】

そして、ここで100本記念・150本記念ダイブを達成された方が4名。
クリックすると元のサイズで表示します

モルディブでの達成おめでとうございます。

12本目「NORTH THILA」
大きな根のポイントでまずは、クマザサハナムロの数がすごい!しかも元気が良くて水底をすごいスピードで泳ぎ回っています。少し深く潜ると、2.5m級のバラクーダの群れが現れ大興奮。



ムスジコショウダイやクダゴンベ・群れハタタテダイがとても印象に残るポイントでした。

13本目「DHIGGIRI REEF」
エントリーするころには夕日も落ち始め、今回2回目のサンセットダイブになりました。
全員水中ライトを用意して、ドロップオフを緩やかにドリフトしながらのゆっくりダイブ。
浅瀬のサンゴがとてもキレイで枝サンゴの間にはテングカワハギもいっぱい!
エキジットするころにはすっかり夜になっていましたね。

14本目「OMADHOO SOUTH」
ダイビング5日目最終日です。
朝食前にドロップオフへエントリー。
ここはあまり人が入っていないポイントらしいため魚影がとても濃い。
オオモンカエルアンコウがいるとのことでしたが、うまく見つからず断念。
でも、マンタに遭遇!1匹のマンタでは動じないゲスト達になっていましたよ。

15本目「FISH HEAD」
最終日といこともあり北マーレ環礁に戻って潜ろうと予定していましたが、海況がいいので、もう一度BIGポイントに潜らせてくれる!船長の粋なはからいで2回目のフィッシュヘッドへエントリー。
今回は前回に増してクマザサハナムロの数が増えて、カスミアジ、ロウニンアジの捕食シーンを近距離でみることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

また、ツムブリの大群も出くわし今回も大満足!
そして、ここで200本記念ダイビングを達成された方が1名。

クリックすると元のサイズで表示します

このBIGポイントでの達成おめでとうございます。

16本目「ELLAIDHOO HOUSE REEF」
そして、とうとう最後のダイビング。
ここは、ほぼ直角に落ち込むドロップオフ。
水深15m付近に所々くぼみがあり、アカマツカサやクエ・イセエビなどが見れました。
特にここでは2~3m級のウミウチワがたくさん点在し素敵な景色でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

最後は癒しのドリフトで締めのダイビングとなりました。

全体的に水温28℃〜29℃・透明度30m〜15m!
どこのポイントも魚影は抜群に濃く、変化に富んだ水中景観でした。
あっという間の16本!終わってみれば早いですね。
ますますモルディブ・クルーズが好きになってきました。

クルーズ期間中の食事もとてもうまい。
クリックすると元のサイズで表示します

口に合わないかも・・・。
と心配していた方達もまったく問題なく食事ができましたね。
逆に全員、毎食お腹いっぱい食べてましたよ。
期間中に無人島ビーチディナーも開催してくれて、砂浜に用意されたテーブルとイスに座っての食事は格別でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

砂で作ったジンベエザメのモニュメントにもびっくりでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します


サンセットを見ながらの生ビールも最高!
クリックすると元のサイズで表示します

デッキでゆっくり昼寝も最高に気持ちいい!
クリックすると元のサイズで表示します


さすが雨季のモルディブはプランクトンの量がものすごく多く、魚達は元気に泳ぎ回っています。
今回の狙いは「ジンベエスイム」と「ぐるぐるマンタ」!
2つ共達成できて、かつ全てのゲストが十分に堪能できたことが一番良かったですね。

私のインストラクター20周年記念も盛大にお祝いしていただき、とても感謝しております。今後は今以上にゲストの皆様に満足していただけるように努力させていただきます。
今回は残念ながら参加できなかったゲストの皆さまも次回のミラクルツアーではお会いできることを楽しみにしております。

20周年記念モルディブチャータークルーズは大成功!
ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します



2012/9/5  21:52

投稿者:TD

miyashimaさん

うれしいお言葉ありがとうございます。

またご一緒できる日を楽しみにしております。

2012/9/4  17:53

投稿者:m.miyashima

20周年おめでとうございます。潮風メールいつも楽しみにしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ