2012/12/14

スミランクルーズ  シミランクルーズ

宝田です。

2012年12/3(月)〜9(日)タイ・スミランクルーズ報告!

クリックすると元のサイズで表示します

行ってきました。アンダマン海!
1年の内5ヶ月(12月〜4月)しかダイビングすることが許されない、
大小9つの島からなるスミラン諸島。
成田⇒バンコク⇒プーケットと経由しながら当日に現地入りできます。
早速クルーズ船に乗船し、諸注意を受けたあとはウェルカムビールで乾杯!

いよいよスミランクルーズの出航です。
タイでは出航時に安全祈願があるようで、船の船首で爆竹が鳴り響きます。
ゆっくり船が動き出し、ほとんど揺れることなく移動開始。

翌朝は早速ダイビング開始です。
少し長めのブリーフィングで大体の流れを確認し1本目のチェックダイブです。
母船から小型船(ディンギー)で1分ほど移動して、
クリックすると元のサイズで表示します

ガイドの掛け声で一斉にバックロールエントリー。

少し緊張気味だったゲストの方も何とかフリー潜降成功!
真っ白な砂地の浅場でゆったりチェックダイブができました。
いざ、というときの為にフロートを上げる練習もバッチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

なんだかんだで4日間で15本も潜っちゃいましたよ〜。
1日目4本・2日目5本・3日目4本・4日目2本!

クルーズダイブでは、潜って⇒食べて⇒潜って⇒食べて⇒潜って⇒食べて⇒潜って⇒飲んで⇒寝る。このパターンが連日続きます。
ダイブコンピュータの減圧もギリギリですからね。
しっかり熟知してないと危険ですよ。

クルーズ船は日に日に北上し、スミラン諸島の端っこ(NO.9の島)まで来ました。
スミランの特徴は何といっても岩の形!
全ての巨岩が滑らかにつるつるなんですよ。
ごつごつした岩が全く見当たらない。
はじめての光景にびっくりでしたね。

サンゴの周りにはスカシテンジクダイがビッシリ!
クリックすると元のサイズで表示します


途中、通称「バランスロック」という山登りもして楽しい体験になりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します

眺めも最高!
クリックすると元のサイズで表示します


その後も、船は北上を続け最終目的地のスリン諸島に到着!
遥か遠くに島が見えるが、周りは全て海。
隠れ根が点在するここ「リチェリューロック」は最高に素晴らしいポイント!
世界各国のクルーズ船が密集する、超人気ポイントでしたね。
水中でも世界中のダイバーが楽しんでいましたね。
スミランではグローブ禁止で中性浮力は絶対条件!
ダイバー一人一人の自然を守る意識が大事になってきますね。

水中は大きな根に魚の群れやイソギンチャクの群生・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、どこまでも続くソフトコーラルの群生は見事!
クリックすると元のサイズで表示します

ずーっと続くお花畑のようでした。
同じポイントで3本潜ってもまだ潜り足りないぐらい・・・。
癖になりそうです。

KOH TA CHAIエリアの「TWIN PEAKS」ではいろいろ楽しめました。
エントリーしてすぐに4mはあるマンタと遭遇して、
クリックすると元のサイズで表示します

ブラックフィンバラクーダ・イエローフィンバラクーダ・ロウニンアジ・ツバメウオ群れ・ツムブリ・イエローバックフュージュラーなど
すごいポイントでしたね。

期間中に100本記念を迎えたTさん2名様おめでとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


最高の場所で無事達成できてうれしく思います。

最終日の1泊はプーケットでゆっくりリゾートステイ。
いっさい日本人のいないリゾートで海外旅行気分を満喫して
クルーズでの疲れを癒しての帰国となりました。

水温29℃・透明度平均30m・波ほとんどなし・最高のサンセット
素晴らしいクルーズができたことを感謝いたします。
ご参加ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

来年もぜひ潜りにいきたい海ですね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ