2013/6/11

魚影抜群!ボホール  ボホール

2013年6/6(木)〜10(月)
フィリピン・ボホールツアー報告!



行ってきました。フィリピン・ボホール島!
成田空港を出発し、マニラ経由で夕方現地タグビララン空港に到着。
出発日の夕方には現地に到着できるので体も楽ですね。
宿泊は昨年も利用した日本人夫婦がオーナーのホテルで言葉の心配もありません。
昨年未完成だったエリアのホテルも完成していてのんびりゆったりできました。
さて、翌日より早速ダイビングスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

初日はパングラオ島近辺で3ダイブ。

1本目はチェックダイブを兼ねてロープ潜降&ロープ浮上で中性浮力やウェイトチェック。
それでもレア物がゴロゴロしてる海に感激です。

クマドリカエルアンコウにカニハゼ・ニチリンダテハゼが見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目からはドリフトダイビング。
ロープ潜降した後は流れに乗ってゆらゆらダイビング。
紫のパープルビューティーの群れには圧巻の水中景観でした。
クリックすると元のサイズで表示します

3本目はエントリーするとかなりの激流。
必死にロープにしがみつき潜降しドロップオフ沿いをゆっくりドリフト。
ここでもパープルビューティーの群れに癒されました。
翌日も3ダイブの予定でスタート。
この日はボートで45分ほどの「バリカサグ島」へ向けて出発です。若干、風波を受けながらのクルージングでしたが、広々したスペースで快適でした。
クリックすると元のサイズで表示します

到着してみると、思っていたよりも風が強くうねりもある。
波の影響が少ないポイントでまずはダイビングスタート。
クリックすると元のサイズで表示します

エントリーして5分するといきなりギンガメアジの大群登場です。水底に着底しゆっくり近寄ってくる大きな群れに、ゲスト含め全員興奮状態で撮影開始!
クリックすると元のサイズで表示します

まさに、台風が通り過ぎるかのようにギンガメアジのトルネードが私たちの周りを囲みました。
クリックすると元のサイズで表示します

あの光景は忘れられませんね。

結局、強風の影響で同じポイントに3ダイブしましたが、毎回ギンガメアジ・アオウミガメ・ハナダイの大群・ウメイロモドキ群れ、とにかく凄い魚影でしたよ。
クリックすると元のサイズで表示します



この日の強風は結局、熱帯低気圧→台風へと変わって日本へ接近することになりました。

最終日はボホールで有名な100gのサル「ターシャ」に会いに行く予定でしたが、あまりにも海のコンディションがいいので全員一致でダイビングに変更!
もちろん連日のバリカサグに遠征してきました。

前日の強風も落ち着き、朝から晴天!海況も抜群のコンディションに戻り、最高のダイビング日和。

海中も透明度抜群で30m以上!中層にはグルクマやハタタテダイ群れ・タカサゴも凄い群れで泳ぎ回っていました。

特にアオウミガメが多く見る事ができいいシャッターチャンスにも恵まれました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後にはドロップオフで浅瀬のサンゴはめっちゃキレイな「サンクチュアリー」にも無事潜れて最高でした。
クリックすると元のサイズで表示します

この海で、200本記念・100本記念のアニバーサリーダイブを迎えられたMさん・Tさんラッキーでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現地ダイビングサービスの粋なサプライズもあり気持ちも高まりましたね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ダイビング後のディナーは現地サービススタッフが厳選したレストランに連日お誘いいただきフィリピン料理やドイツ風フィリピン料理・本格イタリアン・ビーチディナーまで
至れり尽くせりでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、疲れた体には「全身オイルマッサージ」で疲れも吹っ飛びましたね。
2回目のボホールでしたが、フィリピンスタイルのダイビングにも慣れてきて楽々ダイビングを堪能してきました。
器材は全てセッティングしてくれるし、着せてくれるし、洗ってくれます。重い荷物は持つことがなく、船にエキジットする時も全ての器材を外して上がれるので、楽ちんです。
もう癖になりますね。
フィリピンには多くのダイビングスポットがあるので、今後いろいろな場所へツアー計画をして行きたいと思います。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ